●●なぜそんなことに頭を使うの?売上が欲しいはずなのに・・・

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

こんにちは 佐藤 祐司です

200

from:自宅から

 

受験生の子を持つ親は大変ですね~

今うちの娘がまさにそれ

いろいろな方から

たいへんだよ!と聞いてはいましたが

今実感しています

 

僕も人にはあれこれ言いますが

自分のこととなると

結構かんな感じです(トホホ)

 

人によって大変と思うことは違うよ思いますが

・本人の進路や希望がわからない

・進学先のレベル、いわゆる偏差値などがわからない

・ゼミに行かせるべきか?どこがいいのか?本人が望んでいるのか?

・費用は?

などたくさんあります

 

たくさんある中で

僕が一番悩むのが

僕には何もできない!

何をしてあげたらいいのかわからない!

この2つです

 

成績をアップさせる

ことと

将来の夢や希望を明確にすること

は親の僕にもできません

 

ベタではありますが

変わってあげたい と思います

もし僕が今から猛勉強して・・・・・

こんなこと考えても意味がないですよね

現実的ではないですから

 

この悩みの根本は何かわかりますか?

 

それは自分で コントロールできない 事だからです

 

コントロールできないことを考えると

人は不安になります

しかし残念なことにこの不安を払拭する方法として

唯一考えられるのが

自分で解決!

自分のマインドSETだけです

 

コントロールはできない!

このできないものを何とかしようとすること

そのこと自体に無理があり

解決不可能なわけです

 

これは何かに似ていませんか?

売上が欲しい!

それには

どうなればいいかという事は今更言いませんが

 

お客様が来る とか たくさんお金を使ってもらうことは

コントロールできません

 

しかし

そのためにコントロールできることはあります

 

それは

・単価を上げるためには何をすればいいか?

・メニューアップをするためには何をすればいいか?

・新規来店してもらうには何をすればいいか?

 

この何かをするかしないかは

自分でコントロールできますね

 

さぁここでやっとバックエンドの話がでてきます

 

バックエンドとは

今日初来店した人~何年も来店してくれている人

のことを指します

 

その中でも更に

1・初めての人

2・2~3回目の人

3・それ以上の人

と大きく分けることができます

 

この人たちに共通することは

対面しているので

販促が楽!ということです

来店回数が多ければ多いほど楽になります

 

あまり細かい説明がいらないでしょー

極端に言えば

「これ新しく出たんですけど・・・」というだけで

「それちょうだい」という人も1人や2人くらいはいますよね

 

そこでです

この最も販促しやすい人に

なにか販促していますか?

という部分がポイントになります

 

イメージしてみてください

なぜバックエンドは楽なのか?

まだあなたは心のどこかで

「ホントかよ?」と思っているでしょう

 

ではそれが違うという話をします

 

ひと事で考えてください

きっかけは別として

あるラーメン屋さんで醤油ラーメンを食べました

「以外に美味いじゃん」と思ったから

2度目3度目と食べに行くわけです

 

あなたも人ですから

たまには醤油以外のものを食べてみようか?

餃子も食べようか?

今日はチャーハンも・・・・

と思ったりしますでしょ

 

考えたことはなかったでしょうが

これが消費者心理です

 

言葉には出ないかもしれませんが

心理として

ここなら大丈夫・・・・美味しいだろうと思うわけです

美味しい!ではないですよ

美味しいだろう と思うわけです

そして食べてみる

 

結果は2つもしくは3つです

1・味噌もうまい

2・味噌はまあまあ

3・味噌はまずい(口に合わない)

 

この結果が3だとして

あなたはもうそのラーメン屋に行かないですか?

行きますよね

美味しかった醤油ラーメンを食べに・・・

 

このことをできれば紙に書き出してください

 

美容室に当てはめてみましょう

この原理からすると美容室の場合

メインとなるメニュー

カット・カラー・パーマで外さなければ常連客になります

’(何回かは来店します)

 

よっぽどひどい失敗がなければです

ラーメン屋で言うなら

・虫が混入していた

・3回連続で麺が伸びていた

などでしょうか

 

付加価値として

+メニューや 商品の案内をかけた時

信頼感がありますので

あまり難しい説明はいらなくなります

 

断ったとしても

やってみたり購入してみたけど良さがわからなかった

としても

もう行かないということはないでしょう(ラーメン屋の原理)

 

カット・カラー・パーマには満足しているからです

中には気に入ってくれる人が出てきて

高単価のお客様に変身するわけです

 

でもなぁー言いにくいよなー・・・

ラーメン屋さんは

大将が直接営業してきましたか?

多くの場合POPやメニューから

あなたがオーダーしたのではないですか?

 

という事は

あなたが何をすればいいかもうおわかりでしょう

合わせて常連客は単価アップしやすい

ということも!!

 

ですから

自分の心の中で

いうか言わないか? 勧めるか勧めないか?

なんて悩む必要は全くないです

 

あす また続きます・・・・

 

 

ディズニーランドも使っている

この仕組みも公開しています

興味があったら

こちら

https://enkan-hanjyou.com/products

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP