〇〇に聞きました:今の美容室の現状と今後

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

よく聞く話だと思いますが、

今の状況の中でも、

売上を大きく伸ばしている店・会社があります。

 

 

少し例を上げますが、

最後に大きな落ちがあります。

それが数字を伸ばしている大きなポイントです。

 

 

<売上を伸ばしている店・会社の例>

異業種で言うなら、

・ウーバーを代表するデリバリー

 

 

2016年9月のサービス開始。

 

同年150店だった提携飲食店数は、

2017年9月に1000店、

2018年9月に3500店、

3年経った2019年9月で1万4000店、

そして2020年9月で3万店を超えています。

 

※ウーバーの手数料は35%

 

 

美容室関連で言うなら、

メーカー、ディラーがあります。

 

 

僕が話しを聞けた1社1名は、

A社・・・・・・前年対比23%アップ

B社社員個人・・前年対比なんと189%アップ

※会社としては3%ダウンだそうです

 

 

では大きな落ちを話します。

 

 

ウーバーも、美容メーカー、ディーラー社員個人も、

売上を大きく伸ばしているわけですから、

素晴らしいことです。

 

 

ここで考えて欲しいことがあります。

その取引先であるお店の事を。

 

 

飲食店は壊滅状態。

美容室も平均すると、

閉店も含め大きく売上を落としています。

都内の個別対応してる店では、

ソーシャルの関係で40%ダウンしたまま、、、

 

 

つまり、

末端である各お店は、

ほんの一部の店を除き、

ほとんどが売上ダウンしています。

にもかかわらず、

関連業種で潤っている会社がある!?

社員として個人がいる!?

 

 

この違いは何か?と言うと、

・3か月先を考えたこと

・いつもと違う営業活動をしたこと

そしてその根底には、

・店舗に来店するお客さんのことを考えたこと

 

 

同じように、

店に来店してくるお客さんは、

・なぜ美容室に行くのか?

・なぜあなたの店に行くのか?

・なぜ他の店に行くのか?

考えたか?

行動したか?

の違いです。

 

 

お客さんが美容室に対して、

・こうなったらいいのになぁー

(ウーバーならデリバリー)

・もっといい提案をしてくれたら

(メカ―・ディーラーの先読み提案)

など痒い所に手が届くことを考えたことがあるか?

そんなことできないよ!と始めから諦めて、

何もしなかったのではないか?

が大きな差となって今となっています。

 

 

ちなみに、

大きく個人売上を増やした、

ディーラー社員がしたことはこれです。

 

 

昨年の段階で、

数字を大きく落としてなく、

もっとやれることはないか?

と前を向いている美容室をピックアップ。

 

 

その店に、

10月ごろから、

繁忙期の12月、

そして閑散期の1月に向け、

キャンペーンの提案をしたそうです。

 

 

その中でも、

特にテンパンに力を入れた。

 

 

美容室の売上が50万増えると、

経営者は嬉しいでしょうが、

ディーラーは、

仕入だけですから約7%の3万ちょっとのアップ。

 

 

ですが、

テンパンは10万売れただけでも、

7万円の個人売上アップになります。

 

50万美容室が売ってくれれば技術と違い、

個人として35万の売上アップになります。

(仕入れが7掛けだとして)

 

 

誰でもわかってることですが、

工夫をして提案して行動してもらうとなると、

並の営業では無理です。

 

 

では美容室に戻りましょう。

アップさせた店・会社・個人の根底にある考えをまとめると、

いま抱えている顧客に対して提案・案内を掛けたこと。

 

 

これは美容室でもすぐできます。

しかも、

広告を出すわけはないので。

コストはかかりません。

 

 

顧客の、

美容室に対する要望を考える。

それはできない、、、と決めつけない。

そして行動する。

 

 

これをしてる美容室は、

今日も売上を増やしています。

 

 

あなたの店の顧客を満足させる。

コストなしに売上が増やせますから。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP