3月の戦略:待たせるプレッシャーと気配りのプレッシャー

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

コロナのおかげで、

倒産する旅行社が出たそうです。

 

イベントは中止。

観光スポットもガラガラ。

 

 

そんな中、

美容室は繁忙期の3月を迎えます。

 

 

年に何回かの繁忙期ですから、

予約は詰めて1人でも多く来店させるべきです。

すると、、、

 

 

人が担当する仕事ですから、

5分遅れ、、、10分遅れ、、、30分遅れ。

 

 

そうでなくても、

SPした後5分待ち、

カットした後10分待ち、

ブローはアシスタントが、、、

やむなくこんなことは起きます。

 

 

そんな時、

人はAB2つに分かれます。

 

 

Aの意識は、

「ヤバイヤバイ、早くしなくちゃ」

 

会話が減り、

早く仕上げ早く帰すことに集中します。

 

 

一方Bの意識は、

手を早く動かうのはもちろんですが、

待たせている客をどうフォローするか?

に傾いています。

 

 

ABの心理は大きく違います。

どちらも早い仕事をしていますが、

理由は大きく違います。

 

 

Aは、

・10時に予約したのに、、、

・何時に終わるの、、、

・早くしてよ、、、

 

こなすことと、

と言われるのが怖いからの行動。

 

 

なので、

今してることに集中するあまり、

会話も笑顔もへり、

「お待たせしました」の一言まで、

仕事の一環になっています。

 

 

一方Bは、

待たせていることへの気遣いに集中しているので、

いつも以上に声をかけたり、

他の担当のお客さんにまで、

声をかけたりします。

 

 

待たせてるわけですから、

それでもイライラするお客さんはいます。

しかしその行動は、

お客さん全員に伝わります。

 

 

忙しい月のリピーターが減るのは、

この違いです。

 

 

for me =自分のために

for you=お客さんのために

は大きな違いです。

 

 

この連休も忙しいでしょうから、

meとyou、

意識してください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP