悩んでいる人と諦めている人の違い

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

妻が飼っていたワンコが今朝なくなりました、、、

 

 

ある朝呼吸が荒く、

緊急入院させてから3日です。

 

 

いぜん父や叔父、

義理の母が亡くなった時も立ち会いました。

 

 

人の時は「1週間がやま」といわれ、

ワンコは「3日がやま」といわれました。

 

 

どちらの時も、

「容体が、、、」と連絡があり、

駆けつけたあと「持ち直しました」

ひと一安心、、、

 

 

しかしその後、

初見の医師の見立て通り、

亡くなりました。

 

 

医者としての拝領なのでしょう。

最後のお別れができるよう、、、

 

 

なんだかんだと15年、

一緒に暮らしてきたワンコがいなくなるのは、

寂しいもの、僕も自然に涙がでます。

 

 

でも、

必死に生きてきたワンコ。

入院中も見舞いに行くと、

おこせない体を無理やりおこそうとして、

目を見開き妻を見つめていました。

 

 

生きることを諦めていなかったのでしょう、、、

 

ショッキングな内容から始めましたが、

今日の話を始めます。

 

 

経営者であれば、

絶対に売上のことでは悩みます。

 

 

いま、

熊本のTさんも、

広告のことで悩んでいいる最中です。

(頑張って~バックアップしまうから)

 

 

しかし「悩む」種類には2つあります。

そして1つは、

マイナーなことではありません。

 

 

たとえば、

・さらに売上を増やしたい

・今よりもっと大きく増やしたい

・これが売れないわけない

と言う前向きなのがそれです。

 

 

この悩み方は、

前に進んでいる人におこる悩みです。

 

 

解決さえすれば、

階段を1つ登る様に、

ポンッと売上が増えます。

 

 

悩みというより、

「なぜこれで上手くいかないのか?」

いら立ちかもしれません。

 

 

一方で、

「悩んでいる」といっても、

実はそうでない人がいます。

むしろこちらの方が多いです。

 

 

一見おなじ売上の悩みのようですが、

どこか諦めている、、、

 

 

・どうせ、、、

・ほかの店のようには、、、

・うちはもう、、、

 

 

このような方達には、

共通する特徴があります。

それは、、、

 

 

節約に敏感。

 

誰かが「無駄」と思われることをすると、

目くじら立てて怒ったりします。

 

 

「悩んでいる」と「諦めている」

これ大きな違いです。

もちろん、

前者がのびる人成功する人です。

 

 

思い出してください。

カットの仕方を知っただけで、

カットが出来ましたか?

 

 

試験が合格したとたん、

そのあとずっと、

緊張もせずに、

笑顔で会話しながら、

同じ様なカットが出来ましたか?

 

 

練習して、挫折して、、、

 

練習しても練習しても上手くカットが出来ず、

美容師やめようかと思った、、、

オレ美容師むいてないんじゃないか?とまで悩み、

でも続けた。

 

 

いつでも余裕で、

同じ様にカットができるまで、

何年かかりましたか?

 

経営も同じです。

 

 

つい最近、、、

ここ何年か、、、

年に4~5回勉強した。

 

 

それは、

カットの仕方をまなんだだけと同じです。

 

 

練習・・・失敗・・・練習・・・挫折、

を乗り越えた人だけが美容師であり、

経営者であり、

それがあなたです。

 

 

あなたならできます!!

1回2回の失敗で、

諦めていませんか?

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP