新規集客さえできれば儲かるなんてあまい

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

毎月広告を送ってきてくれる、

四国の会員Sさんがいます。

 

今月は来ないなぁー、、、

と思っていたら昨日届きました。

 

 

その時のコメント。

「1万円トリートメントがヒットしています。

雨、ジメジメに感謝です。(笑)」

 

 

1万円のトリートが高いか安いかは、

店の料金体制によって違うと思いますが、

約カット2人分と考えると、

効率も良く、

売上ラップ戦略としてはOKですね。

 

 

経営者であれば、

誰でも売上アップは、

喉から手が出るほど欲しいものです。

 

 

余談ですが、

売上アップが可能なら、

割引券攻勢でも、

高単価攻勢でもありです。

 

 

しかし、

しっかりシナリオができていないと、

一時だけの売上げで終わったり、

始めから不発、、、なんてこともザラです。

 

 

安くても高くても、

必ずシナリオ=仕組みは必要です。

 

ただ、

ある程度の資本と、

スタッフが確保できないのであれば、

安い料金設定に手を出すべきではないです。

集客は楽ですがね。

 

 

ほとんどの経営者は、

新規集客さえうまくいけば、

売上アップができるのに、、、

と思っています。

 

 

なぜそう思うのか?

僕はかねてから不思議です。

 

仕事がら新幹線をよく使うのですが、

ホームに立つと目立つ広告があります

 

ホームからでもしっかり読める文字サイズ で、

会社に優しい宿泊料金、1人1泊6,264円。

 

 

新幹線のホームまで1分と考えると、

結構安いです。

 

料金でターゲットをしっかり絞り、

シンプルで分かりやすい 、

ある意味広告のお手本です 。

しかし、

僕が伝えたいのは 、

安くしろ!ということでありません 。

これはこれで実によくできた考え方なのです 。

 

高単価ばかり意識すると、

見落としがちな考えなので、

ゆっくり読んで理解してください。

駅前の東横インは 全室365部屋。

計算がめんどくさくなるので 、

1泊1万円としましょう。 

満室で1日365万円の売上げです 。

ホテルは技術職ではないですが 、

もしあなたがこのホテルの社長だとしたら 、

一泊いくらほしいですか?

・土地代含めて100億近い投資

・新幹線の駅前

・まだ5年と新しい

 

つまり最高の立地条件、

だから、

・少し高めでも大丈夫だろう!

・値上げしたいなぁー

・きっといける

 

この考え美容室経営者も考えがち!

なんの根拠もなく、

なぜそう考えて、そうしたか?

それは「何となく」

 

ここからが経営戦略です 。

駅の周りにはホテルがたくさんあります 。

美容室と同じですね。

もし 、

根拠も戦略も何もなく、

高めの設定をしたら、

サラリーマンは選んでくれるでしょうか?

満室になるでしょうか?

 

仮に20%高い設定をして(高単価)、

稼働率が80%になったとすると 、

365部屋 × 1万2千円 × 80%  = 350万4千円

 

1万円で満室なら365万円ですから 、

高単価にしたお陰で約10万円の売上ダウンです 。

これは単純に損です 。

 

 

ひと事だと分かりますでしょ。

 
美容室で厄介なのは、

あなたが技術者であること。

 

 

美容室が高単価で失敗する3つの罠!

 

 

<1つ目の罠:料金を気分で考えるな!>
・技術・メニューには自信がある

・安売りはしたくない

・新しいメニューだから 安くては意味がない

・聞けば高単価の時代

・私だって出来る

 

という理由で安くしたくない!しない!

 

 

でもこれよく考えて下さい。

全て店都合=自己都合で、

お客さんの事は全く考えていません。

結果としてほとんどの店が、

そのメニューで新規集客は、

できないでいます。

※広告を出さないなら尚のこと

 

 

<2つ目の罠:特典をどうするか?>
高単価なので新規集客は簡単ではない、、、

なので、

特典:割引を付けよう!

と言う発想はOKです。

 

ただ注意してほしいのは 、

割引を大きくしてとにかく集客!

その考えは危険。

 

 

一方で、

せっかくの高単価だから、

・千円もOFFすれば充分 

・たくさんOFFしたくない

という考えも危険。

 

 

この考え方自体も、

店都合=自己都合で、

お客さんの事は全く考えていませんね。

では何が必要なのか?

それはバランスです。 
 

たとえば仮に、

分かりやすく極端に考えると、

50%FFするとしましょう。

 

 

これなら、

新規集客は楽になります。

 

しかし、

・リピートするでしょうか?

・安い時だけしか来店しないのではないでしょうか?

 

 

<3つ目の罠:確信のないOFFはするな>

後のことを考えて、

自信を持ってOFFをどう決めるのか?

 

 

それは、

今の技術単価とほぼ同じになるよに 、

設定することです。 

 

たとえば 、

通常単価が8000円であるなら 、

定価を1万5千以上にする 。

 

これなら50%OFFしても、

単価は8000円前後。

つまり、

集客はしやすくなり損がない。

もし50%OFFにするなら 、

定価を1万5千円以上にすることです。 

これは難しい事ではありません 。

悩むほどのことでもありません 。

できない理由は1つ 。

あなたの「え~」と思う壁です 。

あなたがこの壁を乗り越えない限り、

一生高単価メニューで、

売上アップは達成できません。

 

ポイントは、

新規客から儲けよう!

なんて考えないことです。

美容室に必要な戦略は 、

高単価メニューを 、

たくさんの新規客に試してもらう。

 

メニューが気に入れば、

リピートしてくれる確率は飛躍的に高まります。

 

2回目、、、3回目、、、からが商売です。 

・新規客から儲けようなんて考えるな

 ・リピートから勝負する

 

なので、、、

この戦略必ず頭に入れておいてください。

もうガツガツ働く必要がなくなります 。

利益が増え収入も増やせます 。

夢は探さない 夢のある人生を探している
あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP