お客さんを信じてはいけない

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

前回は、

新規集客の広告で欠かせない、

割引する目安をお伝えしました。

 

 

あくまでも目安ですが、

たとえば、

1000円OFFしようかどうか?、、、と、

金額で悩むのではなく、

平均単価で考える事をお勧めしました。

 

 

今回のメルマガでは、

せっかくターゲットが来店したなら、

それの人をリピートさせる方法について、

話ます。

 

 

実際どんなにいいお客さんが来店しても、

2度と来店しないのでは意味がありません。

 

店の売上の基盤を作るには、

新規集客→リピート。

この2つをセットにする事で、

まずは売上が安定して増えていきます。

 

 

リピート客売上10万円あったとして、

リピーターをまたリピートさせると、

1月は10万円アップですが、

2月は20万円アップ、

3月は30万円アップ、

というように積算式に増えていきます。

 

 

こんなに売上に貢献するに、

リピート対策を真面目に考え、

対策している人はほとんどいません。

 

 

「サンキューDMは出しています」

出さないよりはましですが、

それで対策してると思っているなら、

大きな間違いです。

 

 

 

なぜ勘違いをするのか?

それには理由があります。

 

人の脳がある事をさせているのです。

 

 

ほとんどの経営者は、

お客さんの帰り際の、

「また来ますね(笑顔)」

その言葉、その笑顔を見た瞬間、

「また来てくれる」と勘違いをします。

 

騙されているのです。

お客さんを信じてはいけません。

 

考えてみて下さい。

僕達がお客さんになった時のことを。

 

 

そこそこ満足した居酒屋に、

また行くか?というと、

「今度は他の店に行こうか」

となるわけです。

 

 

でも、

季節の旬な物や、

特別に仕入れたものを、

「いま旬なさんんまが、、、」

「大間のクロマグロが、、、」

と知らされたらどうします。

またあそこに行こう!と思いませんか?

 

 

しかし居酒屋さんには、

それをあなたに伝える方法がありません。

でも僕達にはありますよね。

カルテというリストが。

 

 

そのリストを使って、

お客さんにコンタクトを取る事ができます。

 

 

内容としては、

こんな事をイメージしてください。

 

 

好きだけどまだ付き合えていない、

彼、彼女にコンタクトを取るようにです。

 

きっとあなたは、

その彼、彼女と付き合いたいでしょう。

でもいきなり「付き合って」とは言えないですよね。

そんな時、

どんなことが頭に浮かびますか?

 

 

お茶でも誘うか、

なんて思いませんか?

 

 

もし「その日は~」と断られても、

あなたは急に嫌いにはならないですよね。

次はどうします?、、、

 

 

しばらく間をあけて、

「美味しいイタリアンがあるんだけど行かない?」

と誘いたくなるでしょ。

 

 

本来の目的は、

お茶でもイタリアンでもなく、

付き合いたい。

でもいきなりは無理なので、

とにかく会う事を考えます。

 

 

あとは何回まで誘うか?

 

これは人によって違うと思いますが、

もしお客さんの場合、

3~6回来店するまで、

何らかのコンタクトを取る事をお勧めします。

 

 

伝える内容も、

好きな彼、彼女に伝える事と同じです。

 

 

いきなり付き合ってと言わないように、

来店をお待ちしています。

と伝えてはいけません。

それは単なる営業です。

 

 

僕達は美容師ですから、

お客さんの髪を気にかけている。

それを伝えましょう。

3~6回。

 

 

美容室のリピート率は、

年々下がっています。

 

 

10年前は50%、

新規10人来店すると5人は再来店していました。

しかし今では、平均30%以下と言われています。

 

 

その理由は、

SNS,ポータル系での集客が多くなったから。

割引がメインの、

「安すさ」で集客しているからです。

もともとあなたのターゲットにならない客を、

集客しているからです。

 

 

先に話した通り、

リピート客は美容室にとって、

コストもかからず、

割引もしない高単価なお客さんです。

そして売り上げ面でも、

安定的基盤になります。

 

 

繁盛店は、

いいお客さんの集客と、

リピート対策はセットで考え、

その対策をしっかりしています。

 

 

売上の安定的基盤ができると、

余裕と生来への不安がなくなります。

 

ですから、

一番お金がかかり大変な新規集客、

つまり広告費を使えます。

 

 

そして来店したお客さんに、

またリピート対策をする。

まさに一人勝ち状態。

 

 

でも安心してください。

あなたの回りの店で、

2つをセットにして考え、

対策をしてる店はありません。

 

 

なぜなら、

その具体的な方法を、

教えるの人がいないからです。

正確には、

教える事ができない。

 

 

なぜなら、

僕達美容室は特殊な業界で、

他業種や企業で使っている集客、リピート対策は、

通用しないからです。

 

 

明日もこの特集を続けます。

お楽しみに。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP