割引すべきものと絶対すべきでないもの

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

あなたにとって、

こんなお客さんに来てほしい!

と思えるお客さんばかりだったら、

仕事も楽しいでしょう。

そしてきっと、

売上的にも潤うでしょう。

 

 

でも来店してくれるだけで満足ですか?

そんなことないですよね。

また来店して欲しいですよね。

 

 

再来店してくれるだけで満足か?

というと、

そんなにいいお客さんですから、

常連客になって欲しいですよね。

 

 

来店して欲しいお客さんの条件は、

それぞれ違うかもしれません。

しかし、

お金を使ってくれなくてもいい。

なんて考えている人はいないでしょう。

 

 

お金を使ってくれる人。

しかも、

言葉は悪いですが、

ちょっと「これもいいですよ」

「これが出たんです」

くらい言っただけで買ってくれる人は、

最高にいいお客さんですよね。

 

 

経営者ならだれでも、

こんなお客さんを欲しいはず。

 

 

今日話すのは、

そんなお客さんだけを集客して、

常連客にするために何かしているか?

何をすべきか?という話です。

 

 

何もしていないなら、

宝くじを買わないで「当たったら」、、、

と考えるのと同じくらい、

ばかげた話です。

 

 

何度も言いますが、

あなたが、

こんなお客さんに来店して欲しい。の、

”こんな”がターゲットです。

なのでターゲットはブレてはいけません。

 

 

次のステップとして、

そのターゲットは、

どんなメディアをよく見るか?

これも大切です。

 

 

そして今日のメインは、

そのターゲットにどんなオファーをするか?

 

 

オファーとは取引条件の意味です。

美容室でいうならまず、

ターゲットが望んでいる、

髪の仕上がり、悩みを、

あなたの店なら解決できることを知らせる。

 

 

 

しかしそれだけでは、

初めての来店の方にはハードルが高いです。

なので単純にOFFですね。

 

 

ここでいくらOFFするか?

きっとあなたもいろいろ考えるでしょう。

 

 

たとえば、

3000円は引きすぎでしょ、、、

1000円位でいいんじゃない。

いや、1000円でも引きすぎかも、、、

 

 

3000円は5000円でも、

1000円は500円でもいいんです。

引きすぎも引かなすぎも、

あなたが決める事ではないのです。

 

 

 

マーケですよ、

ターゲットが、

「それなら行ってもいい!」

と思ってもらえる割引を考えないとダメです。

 

 

そうかと言って、

70%OFFにしたらどうなるか?

まず間違いなくあなたのターゲットは来店しません。

それどころか、

来店して欲しくない人達が、

わんさか来店する事になります。

 

 

ではどう考えるべきか?

いくらまで割り引くか?

スパッと決められますか?

 

 

1つの方法として、

あなたの店の技術平均客単価より、

安くしないことです。

 

 

なので全てのメニューを対象にしないで、

あなたのこだわりのメニューを、

対象にするといいです。

こてを目安に考えてください。

 

えっ、、、なんだかよく分からない!?

ではこんなふうに考えてください。

 

 

ここに寿司が好きなAさんがいます。

Aさんは、

もちろん寿司屋にとっていいお客さんで、

必ず1万円以上食べていきます。

 

 

なぜ1万円以上としたか。

それはほとんどの美容室が、

1万円以上使ってもらいたい!

と思っているからです。

 

 

さてこの寿司屋が、

Aさんのようないいお客さんを増やしたい!

と考えました。

 

 

さてあなたなら、

次のどちらのオファーがいいと思いますか?

1:大トロ1000円を100円

2:特上寿司6000円を4000円

 

 

答えは2です。

1を広告すると、

回転寿司しか行かない様な客が、

わんさか来店します。

 

 

どんなにいい大トロを食わせても、

2度と来店しません。

 

 

一方4000円を選ぶ人は、

回転寿司の常連客ではないはずです。

いつも握ってくれる寿司屋に行っています。

特上寿司が4000円で食べれるなら、

ちょっと浮気して行ってみようか?

という感覚のBさんです。

 

 

きっとBさんは満足するでしょう。

美味しいから。

あなたと同じでカッが上手いからです。

 

 

これで新規集客でいいお客さん、

Bさんはゲットしました。

あなたは何をしますか?

これで満足ですか?

 

 

 

もし満足で何もしないとしたら、、、

それがあなたの店が儲からない理由です。

 

 

美味しい寿司屋に行くと、

必ずと言っていいほど、

「今日は駿河湾で取れた、

ヒラメが入っていますがお嫌いですか?」

なんて勧めてきます。

 

 

そう、

単価アップをしてくる訳です。

 

 

当然ですが、

大将が選んだヒラメは絶品です。

しかもこれも当然ですが、

ヒラメは割引対象にはなっていません。

 

 

あなたの勧めるメニュー・テンパンも、

絶品ですよね。

割引対象にはしてないですよね。

 

 

これにもBさんは満足。

そんな事を繰り返すと、

4000円+アルファ単価も上がり、

大将もニンマリ。

Bさんもニンマリ。

お互いにウインウイン。

「この寿司屋もいいね」

と思って帰ります。

 

 

これと同じ流れを、

あなたの店でも作って欲しいのです。

するとあなたの店も、

ターゲットだけが増えるわけです。

 

 

これ儲かる仕組みの1つです。

 

 

 

明日は、

気分よく帰ったBさんを、

再来店させるには、、、

について話します。

お楽しみに

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探してる

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP