●●割引は効果があるとは限らない

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

From:バックルームより

 

静岡では

最近みょうに広告が減っています

 

新聞折込などは

入っているにしても大手ばかり

個人店などはほとんど見かけなくなりました

 

フリーぺーパーもかなり廃刊しています

かと言ってポスティングが多いかというと

そうでもない感じです

 

無断なお金を使わない・使えない

のか

割に合わない広告関連に愛想が尽きたのか・・・・

 

僕は広告代理店ではないですから

安心して聞いて欲しいのですが

・広告するな 今がチャンスです

 

なぜなら同業他社がいないところで戦えるからです!

 

さて今日の話は

割引についてです(値引き・クーポンなど含む)

 

私達はもうそこらの美容室経営者とは違います

はるかにレベルが高い位置にいます

それは

このメルマガで多くのことを知り

もしあなたのお店の売上は増えていなくても

経営に対して

特に客数・売上を増やす方法については

かなりのレベルを持っているでしょう

 

もしかしたら

他の美容室経営者に

レクチャーでできるくらいのレベルを持っていても

何も不思議ではありません

 

ですから

今回より話す矛先を変えていきますね

 

実証済み 儲かる仕組みの考え方と実践方法

https://enkan-hanjyou.com/product/moukarushikumi.html

 

の中で

仕組みと組み合わせが大事だと話しました

 

では

この先は

組み合わせて考えていきます

 

また質問です

マーケティングの考えから(価値を与えお金に変えるという意味)

<1>割引は誰に価値・メリットがあるのか?

<2>それはどんな価値・メリットなのか?

を考えてもましょう!

全部わかった人もそうでない人もこちらからお願いします

https://enkan-hanjyou.com/contact

(ヒント=1・2とも2つ答えがあります)

 

 

ハイでは進めましょう

 

割引を前面に出すと

客の立場で考えた時は

一番割引が多い方が価値が高いですね

 

では

○○円引き と書かなかった時

下のどの書き方をしたものが1番売れたでしょう?

次の3つから選んでください

 

1本1,000円のシャンプーがあります

 

<1>   2本で1,000円

<2>  2本で半額

<3>  1本買うと1本おまけ

 

 

この質問

以前書いたことがあるのですが

覚えていますか?

理由もあります

 

価値・・・の事をよく考えると見えてきます

・・・・・・・・考えて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・考え中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・まだ見ちゃダメですよ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・もうちょっと考えて

・3

・2

・1

終了~~~

 

答えは<3>です

(リサーチ専門社より引用)

 

これは

同じ意味のことを書いて読ませた時に

どうしたら読み手の気持ちをひきつけるか?

どうしたら反応率が上がるか?(売れるか?)

ということを表しています

 

伝わっていますでしょうか?

書いて相手に伝える大切さ

その書き方・伝え方の重要性です

 

明日は

なぜ<3>の書き方が一番売れたのか?

について話していきます

 

これを知ったあなたは

ライティングと言われるスキルを身につけることになります

これを販促物に活かして

客数・売上を増やしてくださいね!

 

夢は探さない 夢のある人生を探している!

 

あなたの未来もきっとある

あなたの未来を応援します!

◆あなたの結果報告・質問をお待ちしています◆
楽笑塾では、あなたの売上アップの結果報告をお待ちしています!
書いてあるよう、言うにやってみて、こんな結果が出た(良くても悪くても)
との報告をお待ちしています。

https://enkan-hanjyou.com/contact

●楽笑塾では頑張るあなたを応援しています
「結構真面目なこと言うよ」と言われています
まだ読者になっていない方は損してますよ~
完全無料メルマガ登録用URLはこちら

https://enkan-hanjyou.com/landing/

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP