その算数あってますか?

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

本日は、

某メーカー社長とランチします。

 

 

年商でいえば、

100倍以上違うのに、

定期的に食事をさせて頂けるのは、

光栄なことです。

 

 

さて今日は、

きっとあなたが嫌いな算数の話です。

しかし、経営にとっては避けて通れない、

重要なことですので、

しっかり把握してくださいね。

 

 

店の状態を2つに分けて説明していきます。

<パターン1>

客数が少なく、

まだまだ増やしても大丈夫な店の場合。

 

<パターン2>

客数はこれ以上増やせない店の場合。

 

 

 

<パターン1・2共通>

売上を長期的、安定的に増やすには、

3つの数字を見ると先が見えてきます。

 

 

新規集客数⇒リピート数⇒常連になった客数です。

この数字をしっかり確認してください。

 

 

安定的、長期的に

売上を増やしている店の数値は、

以下の通りです。

 

 

新規客数の目安は、

月間平均客数の10%以上。

 

リピート数は、

新規客数の50%以上。

 

常連になった客数は、

リピート客数の80%以上です。

 

 

簡単に数値化すると、

新規10人だとリピート数は5人以上。

常連客数は4人以上と言えます。

 

 

この3つを出すと。

店の弱い部分がハッキリわかります。

 

 

注意として、

ポータル系で来店した、

リピート率は20%以下と言われています。

 

 

ということは、

リピート客数を出すときに、

ポータルとそうでない新規客は、

分けて考えないといけません。

 

 

そうして分かった弱い部分だけを、

しっかり強化する事に専念すれば、

売上は上昇傾向に向かいます。

 

 

<パターン2の店>

今の集客方法を少し変えましょう。

具体的には、

新規集客する、

メニューの料金をあげます。

 

 

 

それに合わせて、

リピート対策、

店内のオペレーションを変えます。

 

 

当然ですが、

集客数は減りますが、

来店される方の単価は、

はじめから高くなります。

 

 

 

最終的には、

その方達中心の、

店内オペレーションに変えます。

 

 

 

この結果、

客数は大きく増えませんので、

失客はしません。

しかし単価が上がった分、

売上は大きく増えます。

 

 

客数1000人×単価アップ1000円=100万円アップ。

・仕事量が同じ

・売上だけアップ

という結果が生まれます。

 

 

 

頑張ってくださいね。

 

・・追伸・・

今日話したことは、

仕組みと組み合わせ・マーケティングです。

これを知って使い始めた店の、

89%が売上アップに成功しています。

 

 

あなたも、

仕組みと組み合わせ・マーケを

知りたくないですか?

 

 

今月は、先着10名様の限り、

ここで知る事ができます。

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP