●広告の〇〇%OFFでは、結果を期待できない●

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

3月に入り、

折り込み広告が増えてきました。

 

 

業種に関係なく、

ほとんどの広告に共通する事があります。

それは〇〇%OFFという表示です。

 

 

 

ではあなたに、質問します。

どちらの方が恐怖を感じますか?

・難しい手術ですが生存率95%の手術です。

・術後、20人に1人が命をおとします。

 

 

 

計算すると分かりますが、

どちらも、

95%の人が助かり、

5%の人が命をおとす事になるのですが、

ほとんどの人は、

2番目の方に恐怖を感じるのではないでしょうか。

 

 

 

ここから分かることは、

せっかく広告を出して、

お得感を出すのであれば、

あなたは、

「数字の表現方法に注意しなくてはいけない」

ということです。

 

 

 

 

10%と10人に1人にしても、

実際は同じですが、

受けるインパクトは違うのです。

 

 

 

では、

美容室に使える表記として、

考えてみましょう。

 

 

割引は、

お客様にとってお得であり、

いいことです。

 

 

 

いい事を伝えたい時は、

%でなく実数字を使う事を意識することで、

結果は大きく違ってきます。

 

 

たとえば、

店やメニューの信頼度を高めるために、

お客様の声を積極的に取り入れることは、

効果的な方法の1つです。

では比較してみましょう。

 

 

・スペシャルカラーは、

 90%のお客様に「満足」との声をいただいています。

・スペシャルカラーは、

 10人中9人のお客様に「満足」との声をいただいています。

※スペシャルカラーはエアーです。

 

 

 

この事からもわかるように、

%という表記方法は、

読み手に与えるインパクトが弱い。

 

 

では、%表記はすべて悪いのか?

というとそうでもありません。

 

 

 

たとえば、

●このトリートメントは、

 99.9%髪と同じタンパク質でできています。

●ヘッドスパに使う水は、

 99.9%塩素を取り除いています。

がそれです。

 

 

この表記にすると読み手は、

限りなく100%髪と同じ成分。

限りなく100%、髪に悪いものがない。

と感じます。

 

 

 

ここでは、

99.9%というデータを、

分かってもらうのでなく、

限りなく100%~である事を、

伝えやすくなります。

 

 

 

 

広告関係に使う表記方法の1つで、

読み手が受けるイメージが違います。

 

 

 

せっかく出す広告。

1人でも多くの人に来店してもらうために、

表記方法も重要な意味があります。

 

 

 

あなたの広告、

チェックしてみてください。

結果が違いますよ。

 

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP