●●スタッフが辞めないお店!その理由は当たり前の事だった・・その1

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

花粉症の症状を

暖かさが運んできます

 

お酒を飲むと変な酔い方をする

絶えずだるさが付きまとう

横になれば眠くなる

 

わたしは最近思うのですが

・春眠暁を覚えず

・5月病

とか言いますが

もしかしたら

・昔は花粉症という言葉がなかった

・症状が軽かった

だけで

実は花粉症で

眠かったり

いやいや病になっていたのではないのかなぁー

と思っちゃいます・・・

 

さて

今日もビシバシと話しますよ

がっかりさせる内容かもしれませんが

これが現実ですので

感情的にならずに読んでくださいね

 

・学生と社会人の環境のギャップ

・お店の環境

・人間関係

の中の

・学生と社会人の環境のギャップ

の現象と対策について話します

 

あなたが

40歳以上でしたら

学生時代

先生に

殴られたり

立たされたり

罰掃除があったり

部活中水飲むな

根性論

などを受けたり

叩き込まれた経験があるでしょう

 

今でいえば

体罰として大変なことになるでしょう

 

また

へたに

「先生に怒られた」

なんて親に言おうものなら

理由を聞いてもらえず

「お前が悪い」

と親にまで怒られたり

 

友達と喧嘩したりすると

やはり理由云々より

まずは「相手に謝れ」

なんて・・・

今思えば何と理不尽だったことか

 

ところが

あなたが40歳未満ですと

ちょっと違っていたかもしれません

 

時代とともに

親の考えも変わり

学校や先生の対応も変わっていきました

 

そして

その子供となると

学校も

週休2日

ゆとり教育

競争や順位をつけないなど

50代の私からすると(前半ですよ)

カルチャーショックです

 

でも

それが悪いとは言いません

 

エアコンやTV(一家に一台)

携帯電話もなかったころから

今を考えると

ものすごい進化をして

時代も変わっていますから

 

当たり前だと思いますし

当然とも言えます

 

そうした環境で育ってきた

アシスタントやスタイリストの

考えが私たちと違うのは当たり前です

 

私に合わせろ!

という事に無理があると感じます

 

もう一つ

学生は

とりあえず学校に行って

進級や卒業ができればそれでいいわけです

おこずかいも貰えるでしょうしね

 

ある意味適当に学生していても

OKなわけです

(真面目な学生時代だった方にはすいません)

 

しかし

社会人=プロになると

そうはいきません

 

何かと甘い時代になったかに見えて

プロとして生きていくには

昔より厳しい時代になっています

(サラリーマンもプロですから同じです)

 

一部の人は

高額報酬が得られますが

 

多くの人には

低賃金

失業

就職難

が待っています

 

話が長くなりましたが

このあまりのギャップに

戸惑ったり

ついてこれないわけですねー

 

経営する側にとっても

働く側にとっても

厳しい時代

 

ですから

おのずと頑張って

売上に貢献したり

数字を出してくれないと困るわけです

 

それが

スタッフに対して

厳しい言葉だったり

あるいは

経営者のストレスの

はけ口になってしまっているのです

 

これでは

歩み寄ることもできませんよね

 

明日話す

・お店の環境

でも深く話しますが

 

スタッフ側から見れば

そんなに

多くの事を要求されて

給料が30・40・50万は当たり前のように貰えるなら

我慢もするでしょう

しかし

現実は違いますし

それだけ払える余裕もない事も

私もよくわかります

 

ここまでは

あなたも納得できるでしょう

 

では実際

どのように対処すればいいのか?

 

それは

あなたがスタッフに

“多くを期待してはいけない”

という事です

 

ごく一部のスタッフを除いて

今の美容室の環境で(待遇)

必死に

一生懸命

真面目に

やる気をもって

頑張ってもらおうと思うことに無理があるわけです

 

え~  とか  そんなことはない!

と怒る気持ちもわかりますが

もしあなたが怒るのであれば

ひと事で考えてください

 

もしあなたが

あなたのお店のスタッフだったら

どう思うか

という事を

 

休み・給料・昇給の見込み・有給休暇・ボーナス・社会保障など

を考えた時に

なんだかなぁー

と思いませんか?

 

もちろん

経営者サイドで考えると

もっと売り上げを出したら

昇給する

という考えはあると思います

 

それをうまく利用しているのが

面がし とか 完全歩合のお店ですね

 

全てスタッフの能力次第

経営者に非はない

という環境を作りたければ

その方がいいでしょうし楽でしょう

ただし

それは精神的にです

お金の面ではどうでしょう?

 

それはそれで

経営者としての仕事が違ってきます

今でも経営者としての仕事が

忙しくて

暇がなくて

時間がなくて

と言ってるあなたでは

それも難しいと感じます

 

私の友人の経営者は

新宿で

そのような店を経営しています

 

その友人は

どうしたら集客できるか?

そればかり

毎日考えています

 

スタッフが客を引っ張るのでなく

お店が客を集めて

それをひたすらスタッフにカットしてもらっているわけです

その店には

稼げるだけの

お客様がいるわけです

あとはスタッフの能力次第

という事なんです

 

では話を戻しましょう

あなたが望む

または

理想とする

スタッフの仕事ぶりの60%で

お店が儲かるようにすればいいのです

 

もしこの数字が

70~ 80~ 90~

と増えるほど

優秀であり

お店にとっては

素晴らしいエース級のスタッフでしょが

 

このスタッフは

あなたの店には長くいないでしょう

 

きっと

独立しますよ

なぜって

自分でお店をやる自信もあるでしょうしね

 

 

今日のまとめ

スタッフに

・多くの事を期待しない

・あなたと同じレベルを求めない

・感情をぶつけない

 

※中には優秀なスタッフはいます

※優秀な素質を持った子もいます

ただその確率は年々少なくなっていることも事実です

 

その数少ないスタッフを

GETしたり長居をしてもらう方法が

明日の話の

・お店の環境

です

(明日もはらを立てずに読んでくださいね)

 

明日をお楽しみに

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP