●●報告レポート・いろんな売上アップの仕方

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

楽笑塾 佐藤祐司です

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

from:事務所から

 

昨日は1日東京でHP制作の打ち合わせをしていました

とにかく何度も言いますが

一部の例外を除いてHPだけで多くの集客できることはありません

あくまでも他の販促物との組み合わせで相乗効果が出ます

その点についての質問が多かったのが気がかりでした

 

また

今の世の中では

僕の知る限り7:3=スマホ:PCでの検索になります

もしあなたがHPをお持ちでしたら

一度スマホであなたのHPを見てください

 

何も対策をしていなければ

スマホでは字も小さくメチャメチャ見にくいと思います

 

対策をしている場合でも

PCで見るのとは見え方が違うはずです

元の作りによっては

文章ばかりだったり

画像が重すぎてなかなか開かなかったり

など弊害が出てきます

 

上記2つの場合は

集客能力が、ガクンと下がりますので

改善しないとあまり効果がありません

その理由は

マーケティングの考えそのもので

見る側が”見にくい”と判断すると他のサイトに移ってしまうからです

 

初めからスマホでも見やすい構造で作ってある場合は問題ありません

スマホ専用サイトをお持ちの方も問題ありません

あとは中身の問題だけになります

 

もし構造的に分からないことがあれば

メールでHPのURLを教えていただければ判断させていただきますので

件名に、HPチェック と入れて下記までメールください

omoi@rakushojuku.com

 

さて今日は2人の会員さんの

いろいろな方法での売上アップ術を報告します

 

何か販促をしているあなたも

いろいろやっているけど思うように売上が増えない!と嘆く前に

今日の話を参考にしていただき

改善してみるとよいでしょう

 

これは

僕のクライアントのSさんとYさんの布告からです

(Sさんアドバイス通り改善してくださいね、バックアップしますからね((笑)))

 

Sさんは

非常に前向きで

メルマガもよく読まれています

会員にもなっていただいています

 

販促はいろいろ手がけているようで

効率はどうかまでは僕は把握しきれていませんが

会員さんの中でも新規集客にはかなり前向きに取り組んでいます

お金もそこそこかけているようです

 

HPはもちろん

ポータルサイトにも複数社掲載しています

そしてアナログの代表、チラシも始めています

 

ところが

思いのほか結果が出ていないことがメールでわかりました

僕がしたことは

Sさんのお店のことを調べられる範囲で調べました

そしてわかったことは

その全ての販促に勘違いをしていました

 

僕は教材として

儲かる仕組みと組み合わせ というテキストを提供しています

その中でも話している事なのですが

1つ1つの販促は仕組みです

そして

関連性の1番近い仕組みを作ることで

相乗効果が生まれます

 

つまり

重い荷物を動かす時

1人より2人の方が

早く

たくさん動かせるのは当たり前です

 

しかし

2人の意気投合が必要です

1・2・3で同じタイミングで同じ方向にひくなり押すのが最も効率的です

ですが

タイミングが合っていなかったり

引く押す方向が微妙にずれていると

思うように動かない事になります

 

Sさんの場合

HP、ポータルサイト複数、チラシという方法で

(もしかしたらそれ以外にも販促しているかもしれません)

集客を狙っています

ここまでは非常に前向きでいい事なのです

 

しかし

勘違いがありました

 

販促物によって

・メニュー名が違っている

・割引の仕方が違っている

という問題がありました

 

これでは

相乗効果どころか

不信感を持たれかねません

そして

一番安い販促物からの反応が高くなるはずです

 

また

スタッフもメニュー名と割引率が違うのでは

混乱するでしょう

効率も悪くなります

 

本来

販促物によって集客対象者が違ってきますので

複数の販促を同じ条件で3~6回繰り返し

一番効率の良い販促物を残すのが良い方法です

 

次はYさんです

Yさんは1年で売上を2.5倍にしたツワモノです

僕もアッパレ!!だと思います

とにかく素早い行動力とデータ取りが素晴らしいです

 

集客はチラシ中心で

リピート対策として回数券

アップセルとして追加メニューに力を入れています

 

チラシも

地域ごとに分けたり

新聞折り込みとポスティングを使い分けています

 

今は余裕があるようで

ここのところ何回かテストをしていたようです

それは一見無意味な販促方法でした

 

車で30分くらいかかる地区に

テスト的にポスティングしたそうです

その地域はわりと市の中でも中心地

ですから当然、競合他社も乱立しています

 

Yさんも

車で30分では商圏外である

競合他社が多い

という事は十分理解していたそうです

 

でもある時

タウン誌を見ていて気が付いたことがあるそうです

 

それは

広告は多いけど、みな安売り店ばかり・・・

とにかく値引き合戦になっている

つまり

安さを求めるお客様だけをこぞって集客している!

人によっては、安さだけ、割引だけが目当てではないだろう!

と判断したそうです

 

そして今回のポスティング・・・

これが思いの外集客できたそうです

この結果は

あくまでも特異な事例です

テストとしても余裕がないとできない事です

 

今回のSさんとYさんは

・果敢に攻める(失敗もあるでしょう)

・その結果を分析する(冷静に)

・次の行動に生かす(データ分析)

この3つに長けています

 

経営=売上アップは

いつもこの3つの行動の繰り返しです

 

どうしよう?

と何もしないで日々を過ごすより

とりあえず何かをしてみる

そして

それを改良することが大切です

 

頑張ってくださいね

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

 

 

 

 

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP