●何にでも改善方法はある●3000円の単価アップに失敗したFさんの場合! 

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

おはようございます

200

楽笑塾 佐藤祐司です

from:事務所から

 

昨日東京駅構内で

同行したスタッフがお土産を買いたい

と言うので

プラプラしてた時の事です

 

東京駅構内は

人・人・人・・・

人酔いしそうなくらい

ごった返しています

 

すると前から3人の警察官!

パトロールしてるんだなぁー

と思いながら

遅いスタッフにちょっとイライラ・・・

 

時計を見たり

ハァー、ため息をついたりして時間をつぶしました

ふと見ると

3人の警察官がこちらに向かっ来ます

 

向かってくる警察官をじっと見れますか?

 

僕は何も考えず

また時計に目をやった瞬間

3人に囲まれました

 

パトロール中です

何かそわそわしてるように見えましたが

何をしてらっしゃるんですか?

 

「人を待っています」

 

荷物を見せていただてもいいですか?

 

これもしかして職務質問!?

僕は不審者?

「どうぞ」とバックを明けました

 

これは?これは?これは?

1つ1つ答えました

 

ご協力ありがとうございます・・・

 

マジかよ・・・

でもいいネタだぁー

と思って顔を上げると

まわりにいる人たちの

強烈な視線!!

 

そこへスタッフが・・・

どうしたんですか?

爆笑!!

 

注目されるのは嫌いじゃないですけど

さすがに相手が警察ではねー

 

あ~面白かった

 

という事で今日の話を始めます

東京に行ったのは

タイトルの経営者に会うためです

 

その経営者は

タウン誌とHPを組み合わせ

上手いこと集客に成功しています

ここまではグッドジョブです

 

ところが

次は単価アップ単価アップ

いい意味で調子にのって

矯正の3000円単価アップに踏み切りました

 

実にいい事です

僕も賛成です

 

ところが

ふたをかけてみたら

大失敗!

6か月後の先月矯正のお客様が

前年対比で36%ダウン

これは既存客だけでの数字です

 

新規に関しては

タウン誌とHPで順調に集客できていますからね

 

合計すると

実質12%のダウン

 

かなり焦ったようで

昨日会う事になった訳です

個別コンサルを始めて1年と1か月

前半3か月でやり取りして

3か月で売上を上げ始め

前年対比で毎月18~31%のばしていただけに

自信もあったのでしょうーねー

 

Fさんの犯した過ちは

 

18000円の矯正 + トリートメント3000円

これで21000円として打ち出したわけです

 

美容師サイドで考えると

・高い値段にビビる

・2万円超えでもビビる

 

反面

3か月テストして

これは結果がいい!と判断した

4ステップのトリートメントをつけた訳ですから

・単なる単価アップではない

・工程も増えて見た目の違いもある

・しっかりと結果も出せている

という自信やプライドもあったでしょう

 

何度も言いますが

売上アップの体験から

やれば売上は自分でコントロールして増やせる!

という自信がみなぎっていたわけです

 

それが・・・ちょっと間違った原因でした

 

3000円+メニューは

事前に僕に相談がありました

僕は迷わず賛成しました

 

口頭とメールでも

箇条書きでポイントを説明しました

ですが

見落としていたんですねー

 

あなたはなぜFさんが失敗したのか分りますか?

 

考えて・・・

もっと考えて・・・・

 

まだ下を見ちゃダメ・・・

自分で答えを見つけると

しっかりと覚えます

教えられたことは

「なるほど!」「そうかぁー!」と思っても

忘れますからね・・・

だから考えて・・・・(答えはちょっと下にあります)

 

 

 

 

答えは

18000円のメニューを残さなかった!

お客様の立場で考えると

僕らがどう言い訳したところで

“単なる値上げです”

ついてこれなれなくなるお客様も必ずいます

 

Fさん

マーケティングの考えを

忘れてしまったんですねー

※価値ご利益メリットを与え その代償として お金を貰う

 

ではどうしたらよかったのか?

僕が口頭とメールで説明したことは

 

・既存の料金も残すこと

・3000円高いメニューにその理由をつける事

です

 

こうすると21000円が

・0人でも売上は現状のまま = リスク0

・1人でも選べばその分単価アップ

 

この失敗はちょっとつらいですね・・・

離れたお客様を戻すには大変です

ある程度時間も必要です

 

この人数を増やすカギは

高い理由です

 

この理由の書き方

メルマガ読者のあなたは覚えていますか?

繁盛促進クラブ 会員のあなたは先月の動画に入っていますので

忘れてしまったなたはもう一度動画を見てください

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

しっとり・さらさら・ツルツル・ぴかぴか・・・

になります

なんてダメですよ

こんな表現はありきたりで

心を動かしません

 

これが分れば

それをそのままヘッドラインにして

チラシを作れば

注目されます

いい結果が得られます

 

Fさんには

・直ぐにメニューを変える事

・失ったお客様にDMを出すこととその内容を説明しました

 

今日の教訓

・新規客を集めるのは簡単

・単価を上げのも簡単

・お客様を逃がすのも簡単

ただ

離れたお客様を戻すのは難しい!

 

※集客はのどから手が出るほどしたい

※お店をだせば儲かると思っていあなた

コチラをご覧ください

https://enkan-hanjyou.com/?p=3442

 

それでもチラシに不安があるあなたは

件名にチラシについて、と書いて

コチラまで質問・相談してください⇒omoi@rakushojuku.com

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP