●●売上に見放された経営者の話

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

おはようございます

200

楽笑塾 佐藤祐司です

from:事務所から

 

<お知らせ>

・・・好評を頂いている、無料電話相談を受付開始しています・・・
・相談内容は何でもOKです

・時間効率もありますので、相談したいことに必要な事はあらかじめメールでお知らせくださ

い。例えば単価を上げたい!なら現在の料金と単価、そしてそのためにしている事など

・1人50分

・他の方に迷惑になりますので時間厳守

・出ない場合はキャンセルとします

・下記より、日と時間を指定下さい

・申し込み後その時間が取れたかどうか僕よりメールさせていただきます

・そのメールをもって確定とします

・僕から電話しますので、電話番号を下記にメールしてください

※前回はあっという間に埋まってしまいましたので、予約が取れなかったあなたはお早めに

今週は

AM:11:00~50分

10分空けて12:00~50分と言う感じで最終はPM10:00~

50分とします

※PM5:00~PM8:00は対象外

<26日木曜日>の空き状況

AM11:00~

PM8:00~

<27日金曜日>

PM12:00~
PM8:00~
PM9:00~

となっています

申し込み先アドレスは

https://enkan-hanjyou.com/?p=99

<過去の相談>

・新規客を増やしたい・・・
・クーポンの事で・・・
・単価を上げる方法が分らない・・・
・新しい美容室が増えて客数が・・・
・ヘッドスパを売りたいのだけど・・・
・ホームページから集客できない・・
・スタッフが安定しない・・
・ジュニアスタイリストにもっとカットさせたいけど・・・
・お客さんがリピートする方法について
・簡単な売上アップ方法を知りたい・・・

などです

 

 

では話をはじめます

 

火曜日

スタッフ支援のセミナーも無事終えました

その中で

喜んでいいのかそうでないのか?

 

「いや~佐藤さん、めちゃくちゃ中身が濃いですねー」

「いろんなジャンルのセミナーを1年に何十回も聞いていますが」

「ベスト3に入りますよ」

「これヨイショじゃないです、間違いないですよ」

「でも話のストーリーがよく出てきますね」

「例えもわかりやすい・・・」

「編集楽しみだなぁー、スタッフにも見せよぅ!」

 

1年に何十回もセミナー聴いてる

しかもいろんなジャンル

編集・・・・

 

そうこれは

僕がいつも動画を撮ってもらう会社の

NO2の人

 

セミナーばかりではないですが

動画のプロ集団です

 

こう言えば上の話はわかりますでしょ

確かに撮影中

無言で苦笑いしたり

頷いているのは気づいていました

 

カメラマンさんに絶賛されるのは嬉しいですが

僕としては

セミナーの内容に納得して

行動して

悩んでメールして

また悩んでメールして

結果が出た!

というストーリーが一番嬉しいです

あなたも

結果の善し悪しに関係なく

経営相談してくださいね・・・お待ちしています

 

さて僕がなぜ

・セミナーであなたに話を伝えることが出来るのか?

・メルマガをほぼ毎日かけるのか?

不思議に思ったことはありませんか?

 

あなたが

気づいているかどうかわかりませんが

僕のメルマガ

字数がどのくらいあるか考えたことはありますか?

※ここまでで1274文字(原稿用紙3枚)

 

 

だいたい

2000文字前後です

 

2000文字ということは

子供のころ書かされた

僕の大嫌いな作文・・・・

原稿用紙 5枚 に相当する文章量です

※それを読んでるあなたはすごいです

 

でも今は全く苦痛に感じません

コピーを勉強してからは・・・・

 

僕は理数系なので

本を読むのは苦手です

苦手というより嫌いです

だから

書く!なんてとんでもない話です

学生の頃の僕、スタッフ時代の僕を知ってる人は

ビックリしています

 

でも

コツをつかめば簡単!

しかし

コツを掴めなかった美容室経営者がいました

繁盛促進クラブ サポート会員

会員歴 5か月

Cさん 41歳 K県 2店舗経営

スタッフ数 11名  売上平均470万

※公開することの確認をとっています

 

メルマガ会員歴は古く2年4か月

当時は平均売上420~430万位で

苦しんでいたようです

その頃

店が16年と古くなったので

改装して心機一転売上アップ・・・・

と甘い事を相談してきたので

僕は大反対しました

 

改装したところで

売り上げなど増えないからです

借金を増やすことで

経営を圧迫・・・現状の売上では

お手上げ状態になりかねないからです

 

最低でも

550万までは売上を増やしてからと提案しました

 

100万以上の売上アップができるようになれば

儲かる仕組みを理解したことになります

そうなれば

後は組み合わせ次第で

数字は大きく伸ばせる方法を身に付けたことになるからです

 

ところがCさん

1000万単位で改装の投資をするはずだったのに

たかだか40~50万の投資を惜しんだのです

 

その投資とは販促です

DMとチラシをするための予算・・・・

 

これも人の心理です

 

改装の方がはるかに投資は必要ですが

充実感と新しくなったというお店

形が残ります

 

ところが

それに比べたらはるかに安い

販促費40~50万は

形には残らない

しかも

お金を捨てることになるかもしれない!

という不安から

そのお金を捻出しなかった結果

売上は横ばい

 

人は失うかもしれないという事に

たまらなく不安と恐怖を覚えるのです

 

下がらなかったのが奇跡です

 

しかし1年前より

メルマガからDMを出すことを決意

売り上げが上がり始めたことで

やはりメルマガからヒントを得て

チラシを出しました

 

ところが

3回で80万くらいかけたそうですが

回収できたのは20万位

チラシの効果がなかったのです

 

そして

繁盛促進クラブ サポート会員に参加

現在に至るです

今必死に頑張っている最中のCさん

年内に

僕が掲げた550万越は必ずできる

スタッフの数からして

700万位にはしないと

つまらない経営になると提案しています

 

さてCさんが80万円捨てたチラシ

見せてもらいましたが

反面教師です

それでもCさん

チラシの出来にはかなり満足していたようですがね・・・

 

失敗の理由は

・配布枚数の多すぎ

・ヘッドラインは興味も引かないコピー(ターゲットが誰だか全くわからない)

内容は

・自分のこだわり

・メニューの強調

・専門用語の多用

・意味不明なパーマの名前

・商品販売目的に商品の紹介

 

よくあるチラシと言えばそれまでですが

自分が儲けるためのチラシ

というより

新聞屋さんと広告代理店を儲けさせるためのチラシです

 

1つの販促物の中で何が一番大切か?

について話して明日に続けます

それはヘッドラインです!

これをはずしたら

ただただ捨てられるだけ

中など読んでくれないのです

 

ヘッドラインで大切なのは

ターゲットを絞り

ターッゲトに呼びかけ

興味を持ってもらい

肝心な中を読ませる

という目的があります

これだけの重責をヘッドラインは背負っています

 

知っているようで知られていない

自分は違うと思い込んでいる

本当のターゲットを絞るという事は

こういう事だ!の例をいくつか上げてみますね

そしてこれを問題とします

 

僕はわざと

美容室に関係のないヘッドラインを4つ書きます

そのターゲットからは

全て反応の取れるヘッドラインです

 

これを

美容室向けに変えてみてください

チャレンジしたいあなたは

美容室ように変えてこちらまで⇒omoi@rakushojuku.com

 

 

1:車を買いたいけどどれにしようか迷っているあなたへ

2:サラリーマンだけど副収入が欲しいあなたへ

3:好きなものを食べながら痩せるには

4:100万稼ぐ方法

 

あなたからの回答をお待ちしています

※ちなみこのメルマガの総字数は3360文字です

 

・・儲からない美容室に残された、もうけるための1つの方法・・

カットを覚えるより簡単な

儲かる仕組み と 組み合わせ を知る事です

結果、売上アップと安定につながります

繁盛促進クラブに参加し

毎年、毎年売上を伸ばしている人って多いのですが、

それってやっぱり、継続的に学び続けているから

考え方が変わったり

色んなアイデアや発想がでやすくなっているからでしょうね。

3回、いい発送が出るようになれば

あとは次から次へ面白いように湧いてきます

あなたもいろんなアイデアや発想が出やすくなれば

お店の売上も増えていきますよ

そうなったら楽しいのに!

初月は1980円で参加可能です

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP