●●価格表示で売れ方が全く違う!これが仕組みと組み合わせ

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

!おはようございます

200

楽笑塾 佐藤祐司です

from:東京のホテルから2日目

 

人は単純なもので

同じ価格のものでも

・表示の仕方

・価格の見せ方

で売れ行きが違います

 

しかもこれはあなたも経験しています

消費者心理の中に入るものですが

僕たちの脳は

意外に単純でもあります

 

脳は

はj目にインプットされた情報を基準にしようとします

基準がないと

他との比較ができない!

という単純な構造になっています

 

例えば値段

最初に目にした金額を即座に基準にします

これはアンカリングと呼ばれています

この脳の構造を利用されて

僕たちは

本当は高い物や安くないものを買ったりしています

 

今度はそれを僕たちも利用する番です

このアンカリングを僕たちも使って

お客様気に気持ちよく

お金を使ってもらいましょう

 

アンカリング効果を使った料金表示・・・儲かる仕組み と 組み合わせ
大手家電量販店でよく見かける料金表示を考えて下さい

・TV  98,000円 → さらに安くなります、詳しくは店員に・・・

 

期待感を持ちながら

店員に交渉すると例えば1万円安くなったりします

 

こうなると

消費者心理としては

もう、88000円が本当に安いのか?

と考えません

初めに目にした価格を基準としてしまうため

メチャ安い!お得!

という気持ちにさせられて

つい買ってしまいます

 

実は販売店は

このアンカリング効果を知っていて

元々88000円で販売するつもりでいたわけです

ですから

交渉で安くしたわけではないのですねー

 

そんな面倒な事をするなら

始めから88000円としておけばいいのに!

という考えもあるかもしれませんが

それではあまり売れないわけです

全くお得がないからです

 

ここまでが仕組みです

 

このアンカリング効果を

フルに発揮させるには

さらに組み合わせを利用します

 

価格表示を

112000円 ⇒ 20台限定 98000円

(この出だしの価格にも仕組みがあります、お気づきですか?)

さらに今すぐ購入の方には

さらに特別価格があります

詳しくは店員へ・・・・

 

そして

店員に声をかけると

1万円引いて88000円になる

 

もうこうなると

買わないと損をするという気持ちが強くなります

 

結果として販売数が増えるわけです

マーケティングをうまく使って

お客様に満足してもらい

笑顔でお金を払っていただく

 

あなたもこの

アンカリング効果

消費者心理

マーケティング

儲かる仕組み と 組み合わせ

 

を使って

お客様に

気持ちよくお金を使ってもらってください

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP