●●なぜ?

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

おはようございます

200

楽笑塾 佐藤祐司です

from:事務所から

 

ワンコが大変!

暑い日が続きますがこの暑さで大変なことが起きました

 

2時ごろに帰宅すると

ゼイゼイと変な声がする!

 

その声はどうやら僕の部屋からしている感じ・・・

何だろうと思いながら部屋に入ると

異常に暑い・・・・なんと室温32度

 

そしてゼイゼイの声が僕の愛人サクだとわかった・・・

※初めて、愛人と聞くあなたは驚いたでしょうね(笑)

僕の愛人はワンコです

1399885123424この甘ちゃんなワンコです

 

サクは、僕の部屋のケージの中で

昼間はいつも寝ています

 

光が入らないようにタオルをかけています

ですから本人の体温でケージの中は本来かなり暑いわけです

 

いまいとし5月位から10月位までは

僕の部屋は24時間エアコンのドライを入れっぱなしで

暑くないようにしていたのですが

 

今朝方、どこからかピッと音がしたのですが

特に気にもせず出かけた僕

 

その音は・・・

きっとエアコンのリモコンの音だったと気が付きました

 

リモコンを見ると案の定送風になっている

 

速攻でサクを出してあげると

よだれがすごい!

体臭もすごい

でも生きていた  あ~よかったー

 

というわけで直ぐに外に連れ出して

ぬるま湯にしてシャワーをかけてあげました

あ~ほんとよかった!

 

唯一の僕の理解者

唯一僕だけを見ている女・・・いやいやワンコ

ゴメンね~

 

でもなぜ?リモコンが反応したのだろう!?

 

というわけで今日のテーマは

“なぜ?”です

 

僕は

久しぶりにスタッフに課題を出していました

それは販促の新しい試みをしたくて

その原案を考えてみてと頼んでおいたのです

 

それを今日見ました

おいおい・・・・これどんな意図で企画したの?

なぜ?これを選んだの?

思わず僕はつぶやいた

 

そしてここから僕のコピー魂炸裂です

 

コピーする時何が一番大切か?覚えていますか?

※初めての方、忘れてしまったあなたに説明しますね

コピーとは書くという意味です

 

あ~もう忘れていますか?

大事なものはいくつかあるのですが

その中の1つにリサーチがあります

 

このリサーチは

とにかくなぜ?なぜ?なぜ?

と聞きまくるのです

 

で、これをその担当スタッフに連発したわけです

恥ずかしい話ですが

お店の販促は100%成功はありません

おお外しすることも多々あります

 

そして僕のお店でも

おお外ししたメニューがあります

あえて言いませんが

1か月くらい練って練って、よし行くぞー

まではよかったのですが

話になりませんでした

 

月間で26人だけしか反応がとれなかったのですよ・・・・・ショック

 

それなのによりによって

そのメニューに対しての顧客に

DMを出そうとしていたわけです

 

僕はその理由が知りたくて

なぜ?なぜ?を連発していたわけです

 

あなたもそんな経験ありませんか?

もしかしたら今も継続中ですか?

 

上手くいかない!結果が出ないものにいつまでもこだわる悪い癖

あっ、でもそれを捨てろと言う意味ではないですよ

 

結果が出ていない

見込みのないものにいつまでもこだわり続けると

その時間が無駄だということです

 

タイムバンパイアですね

 

例えば

あなたが何か販促をしようと考えました

ところがその対象者=ターゲットが100人いるならまだいいでしょう

しかし、もし

10人20人相手であるなら

辞めた方がいいです

 

なぜなら

その中の全ての人が反応するわけではないからです

 

かんり確率の低い結果が待っているだけです

もしどうしても何とかしたいのであれば

切り口を変えるとか

販促方法をガラッと変えないと望みはないと考えた方がよいです

 

美容師と言いますか技術屋さんが陥りやすいパターンです

何かにこだわることが好きなんですねー

 

僕がなぜ?を連発していると

だんだん苦しくなってきて

本人も分ってきます

 

あ~無駄なことをしようとしていたと・・・・

このなぜ?

あなたも使ってください

まずは自分自身になぜ?なぜ?とね

 

 

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP