●○売上アップを難しくしているのはあなた自身かも・・・・

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

こんにちは

縮小

齋藤 将士です

皆さんお元気ですか?

私の取柄は明るい事です

頭は悪いです

頭が悪くてもしっかり生きています(笑)

 

そんな私ですが今日の話はきっとあなたも興味を引くはずです

1人の新規客を来店してもらうのに

いくら位のお金を払ってもいいか?

「えっ、新規客に来店してもらうのにお金なんて払わないよ」

とあなたは思うかもしれません

 

ところがきっとあなたは払っています

例えば

お客様の紹介をしてもらいたい時

「紹介していただくとこんなプレゼントがあります」

「紹介で来店されるとこんな~があります」

「ですから是非紹介してください」

なんてお願いした(案内した)記憶はありませんか?

 

BさんがAさんの紹介で来店すると

Bさんは1000円引きになる

とか

Aさんにもお礼として1000円割引券とか

1000円のシャンプーをプレゼントするとかがそれです

 

ニュアンスは違うかもしれませんが

1000円を払ているのと同じことになります

もしABさんに同じ特典を付けるとしたら

2000円払っています

 

どうしてもお金を払って来店してもらう

という言い方や考え方に抵抗がある方は

これはどうでしょう

 

10万円の広告を出して

20人のお客様が来店したとします

これは計算上

10万円 ÷ 20人 = 5000円

これは1人のお客様に来店してもらうために

販促費(広告代)として5000円使った・払ったという事になります

 

分かっていただいたあなたに質問します

新規客、1人来店してもらうためにいくら払えますか?

 

これを即座に答えられるあなたはかなり勉強している証拠です

 

経営用語では顧客獲得単価と言います

漢字ばかり並んで難しく感じますか・・・

私、齋藤をちょっと見直しましたでしょ・・・

 

戻しますね

このように聞くと多くの人は

・はっきり答えられない

・いくらまでなら払っていいものなの?

・普通いくらくらい払うの?

と質問されることがあります

 

この答えは意外と簡単で

あなたのお店の平均単価までは払っても全く問題ありません

少し余力があるのであれば

それ以上にい払っても問題はないです

 

この考え方は

売上をアップさせる上で非常に重要になります

しっかりと覚えて欲しい考え方の1つです

 

専門用語でCPA(シーピーエー)と言います・・・・CPAは覚えて下さい

下記の略になります

Cost Per Acquisition (アクァズィッション)・・・・覚えなくていいですよ

Cost Per Action(アクション)・・・・・・・・・・・・・・・・覚えなくていいですよ

C・・・コスト  P・・・パー(払う)

そしてAは2つの意味があります

・アクション・・・何かの会員になっただけでお金はもらっていない

・アクァズィッション・・・カットなどメニューや商品購入でお金をもらった

 

CPAとは顧客獲得単価の事を意味します

もし、あなたのお店の平均客単価が

計算しやすいように5000円だとすると

10人の新規客を来店させるために

5000円 × 10人 = 5万円

この金額までは使っていいという計算になります

 

これは広告費や販促費の目安になるわけです

 

へぇー・・・・・と感心しているだけではダメですよ

ここまでの話は本でも学べます

この考え方を利用して集客をしないといけません

 

例えば

あなたが毎月20人の新規客が必要!と判断したとします

このためにいくら払ってもいいのか?使うべきか?

と考えて欲しい訳です

 

このサイズで3万円  ちょっと大きくなると5万円・・・・・・

5万枚出すと30万円・・・・

お金の事を考えなければたくさん出したくなりますよね

ですがここでCPAの考えを利用します

 

これを使うと

あなたが20人の新規客をチラシで来店させたいと考えたら

20人 × 5000円 = 10万円 は使ってもいいという事です

これを一つの目安とすると

広告費などが出しやすくなりますでしょ

この計算ですと広告費は元が取れています

 

ここだけ見ると意味がないようですが

20人の新規客は3か月以内にリピートしてきます

そこで初めて利益が発生するという仕組みです

 

もちろんの事ですが

本来は20人以上来店させることが目的です

ですからそれ以上に来店してもらえるように

チラシ広告(タウン誌なども含む)の

・捨てられないようにヘッドラインで注目させる(読んでもらえるように)

・内容をよく考える

・お客様が来店しやすいように価値を与える

・どうして欲しいか明確にする

 

なんとなく・・・の計算が最もよくありません

あなたの販促が成功したのかどうかの判断の1つとして

利用してみて下さい

 

追伸・・

売上アップの秘密の1つですが

50万円の売上アップをしたいと考えた時

あれもしなくちゃこれもしなくちゃ・・・・

と考えると、無理!という決断が出てしまいます

やることが多すぎるからです

 

ところが

1つ1つを細かく分けて、しなくてはいけない事を書きだします

そしてそれを簡単な方から取り組むと

精神的にも楽になり行動しやすくなります

 

1つ1つの達成感を感じながら行動できるからです

悩む時間を費やすより行動する時間を作った方が

あなたのお店の将来が明るくなります

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

 

 

 

 

 

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP