広告は無料でも有料でも使い方は同じ

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

やっと今日ワクチン2回目です。

 

 

1回目は何も起こりませんでした。

2回目はどうなるんでしょう!?

 

 

広告の種類はたくさんありますが、

大きな分け方として、

・アナログとデジタル

・無料と有料

という分け方。

 

 

・集客のための広告

・メニュー・テンパンの拡散のための広告

という分け方。

 

 

どれを使ったとしても、

メリットとデメリットが存在します。

 

 

今日はそれぞれの、

活用方法やメリとデメについて話していきます。

 

 

SNS系のメリットは、

なんといっても無料であること。

 

 

デメリットは、

「無料」という響きに誘われて、

飛びつく方が多いですが、

無料だけに即効性がありません。

 

 

1回2回の投稿では、

ほぼ何も起こりません。

 

 

お金はかかりませんが、

マメに、根気よく、継続的に、

投稿しないと意味がありません。

 

 

紙系で無料の代表は、

DMとPOPです。

※DMは切手代だけかかります

 

 

メリットは、

即効性があり、

書き換え頻度は長くていいこと。

NSNと違いある意味楽です。

 

 

デメリットとしては、

書き換え不要とはいっても、

1週間くらいのスパンで反応を見て、

編集すること。

 

 

よく聞く話として、

特にPOPの場合、

1っか月張ってみたけど、

2、3、5、人しか、、、なんて聞きます。

 

 

1回作ったが最後なにもしていない状態、、、

これもったいないですよね。

1週間単位ぐらいで結果次第で編集する!

 

 

無料なので、

そのくらいの意識を持たないとダメです。

 

 

一方有料系も、

アナログとデジタルがあります。

 

 

SNS自体は無料ですが、

それに有料広告をかける。

有名なところだとFB広告があります。

 

 

メリットは有料とは言え、

渋谷・銀座など一等地の駅前でない限り、

広告費は1~2万/月程度で収まることがほとんどです。

 

 

こちらのデメリットは、

POPと同じで結果次第では、

10日サイクル位で内容編集をしないと、

たとえ1~2万でも広告費の垂れ流しになる。

 

 

そしてもう1つ、

FB広告だけでは集客できません。

 

 

FB広告から誘導した、

HPもしくは1ページだけの照会ページが必要。

※1ページだけの紹介ページを「ペラいち」と言います

 

 

一方もう1つの有料広告として、

チラシ・タウン誌があります。

 

 

メリットは、

即効性があり、

1回出してしまえば何もしなくていい、、、

(というより何もできない)

 

 

なんだかえらい楽に思えますが、

デメリットもあります。

 

 

・SNS広告に比べて高い

・継続性が必要

 

 

あなたがどれを選ぶかは自由ですが、

広告を使った方が、

集客、メニュー・テンパンの拡散のためには、

早いだけでなく、

絶対必要と言っても過言ではありません。

 

 

会員さんのNさんは、

もう3年間タウン誌を毎月使って、

集客に成功しています。

 

 

7万円の広告費で、

9~17万の売上アップに成功しています。

 

 

この数字だけに注目しないでください。

リピートさせることで、

売上は階段状に増えています。

 

 

FBの達人吉沢さんは、

始めて3か月、

集客ゼロでした。

 

 

 

そのあいだ試行錯誤で、

4か月目からは1万2千円程度の広告費で、

毎月10人前後の集客に成功しています。

 

 

もちろん集客だけで終わっていません。

リピートしてもらう対策と、

単価アップの仕組化を使って、

実質単価で、

20人集客したと同じ位の売上を達成しています。

 

 

一番よくないパターンは、

・お金は使いたくない

から広告は出さない。

 

 

無料がいいけど、

編集も継続もめんどくさい。

 

 

練習しないでカットを覚えたい!

なんてアシスタントに似た発想では、

売上アップはできません。

 

 

まずは、

自分のサロンにピッタリな広告を選ぶ。

そして続ける。

 

 

頑張ってくださいね。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP