お金で決めるくせ

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

多くの人が日頃よく使う癖で、

金額で決める!があります。

 

 

この癖は、

・経営者もそうです

・お客さんもそうです

 

 

たとえばあなたの日常で、

Q:どうして、さっきの服買わなかったの?

A:いいと思ったけど高かったから、、、

 

 

お客さんの場合、

あるメニューやテンパンに興味を持った時、

・・・やりたいけど高いから、、、

・・・欲しいけど、そこまでお金を使えないから、、、

 

 

お客さんがそいうと、

何も言えなくなりませんか?

 

 

でもそれは、

あなたが服を買わなかった時の店員さんも同じ気持ちです。

 

 

ここで考えてみてください!

なぜあなたは、

興味はあったけど買わなかったのか?

 

 

高いから、、、

れは理由のようで理由ではありません。

 

 

本当の理由は、

そこまで欲しくならなかったからではないですか?

 

 

 

人は、

欲しいものは手に入れたくてたまりません。

しかし現実、

お金が払えない場合はあります。

そんな時どうするか?、、、

 

 

本当に欲しいものなら、

節約して時間をけてでも、

手に入れる。

 

 

時に、

分割で購入することもあります。

 

 

その最たるものが、

車や住宅・マンションです。

 

 

高いから!は、

買わない理由ではありません。

 

 

あなたが、

そこまで欲しくならなかったから。

お客さんも全く同じ。

 

 

ではどうすれば、

高いから買わない、、、買えないから、

それ買う!にできるのか?

 

 

欲しくなってもらえばいいわけです。

では欲しくなってもらうにはどうすればいいのか?

 

 

欲しい!と思える、

価値を伝えることです。

 

 

価値とは、

本来の性能だけではない事も多々あります。

 

 

たとえば、

ブランド品がその代表。

 

 

時間を知るためなら、

1万円の時計で十分。

ですが、

50万、100万、500万の時計を欲しい!

という人がいます。

性能に関係ないですよね。

 

 

・価値を伝える

・お客さんに必要だと思ってもらえる

そことに注目して考えると、

いい伝え方が出てきます。

 

 

最近あなたが、

「欲しい」と思ったもの、、、

案外性能で判断してないのでは?

 

 

なぜ、

性能がそこそこなのに、

高い方を選んでいるのか?

それを考えると答えが出てきます。

 

 

このことは明日、

実践会で話していきます。

参加者の方は楽しみにしてください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP