比較:売れなかったころと、売れる今してる事の違い

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

あなたのサロンで、

メニューやテンパンを紹介するとき、

どんな方法を使っていますか?

 

 

僕の店で、ほとんど売れなかった頃と、

売れるようになった違いを公開します。

 

 

売れない頃の僕はどうしていたか?というと、

実際のメニュー名を使って紹介します。

 

 

O2パーマというものをパーマメニューの主軸に置いていました。

呼び方はオーツー(酸素)と呼んでいました。

 

 

これを3種類に分け、

O2パーマ1と、O2パーマ2、O2パーマ3という感じです。

 

 

お客さんは、

オーツーと読むこともできませんでした、

なので、

呼び方、違いの説明を口頭でしていました。

 

 

そもそも、

・お客さんが読めない、、、

・名前から違いが分からない、、、

唯一分かるのは料金の違いくらい。

 

 

特に違いや良さを説明するときは、

・パーマ剤が~~

・髪の成分が~~

・髪の〇〇に浸透して~~

美容師ですら分からない説明を一生懸命口頭でしてました。

 

 

お客さんは意味不明ながら、

高い方がいいんだろうなぁーと判断していたわけです。

 

 

その後、

O2zero (オーツーゼロと読みます)を、

一番高いものとして作りました。

 

 

この違いも、

一生懸命口頭で伝えてました。

 

 

これを読んでいるあなたなら分かると思いますが、

特に高いパーマはほとんど売れませんでした、、、

 

 

理由は簡単、

・お客さんに違いが全く分からないから

・売りたい、、、違い・良さを分かってもらいたいがあまり

 口頭で理屈を永遠と説明したから

このことは説明に時間がかかる、、、

という問題もありました。

 

 

口頭説明は、

日が立ちにつれ乱暴になっていました。

なぜなら、

1日何回も、毎日毎日、同じ説明をすることに、

疲れや面倒になっていったからです。

 

 

今の僕が過去の僕にこう言ってやりたいです。

「それでは売れるわけないですよ~」

 

 

では、

売れるようになったのはどんなことをしたのか?

 

 

・技術が急に上手くなったからではありません

・薬剤を変えたからでもありません

・料金を下げたり割引したからでもありません

POPを使っただけです。

 

 

〇〇なあなたへ!

〇〇は、

このパーマの仕上がりの特徴を書いただけです。

 

 

その下に、

特徴を3つに絞り、

文章でなく箇条書きにしました。

 

 

たとえば、

1:しっとり仕上がります

2:忙しい朝の手入れが10分早くなるので、コーヒーをゆっくり楽しめます

3:パーマの中で一番ダメージが少ないです

 

 

そして料金表示。

最後に、

「今すぐ担当スタッフにオーダーしてください」

たったこれだけです。

 

 

POPにすることで、

・苦手な口頭説明が必要なくなりました

・営業して断られる、、、ストレスがなくなりました

・勝手に選んでくれるようになりました

 

 

結果として、

楽に、

メニュー・テンパンが売れるようになりました。

 

 

もっと詳しく、

「お客さんが自分で選びやすい状況を作るための

簡単にできる3つのテクニック」

 

 

これをワークを交えてお伝えします!

始めて参加の方はお試し無料。

知ってみたい方はぜひ参加してください。

https://enkan-hanjyou.com/jissenkai_20210830/

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP