メニュー名を変えるだけでお客さんが増える理由

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

サロンのメニュー名。

各々考えカッコいい名前が多いですよね。

 

 

でもここで1つ考えて欲しいことがあります。

 

 

美容師ですら、

メニュー名からどんなカラーなのか?

(カットもパーマも矯正もトリートも同じ)

想像すらできない=分からないメニュー名もあります。

 

 

どんなカラーなのか想像できないメニュー。

これがいいメニューでもテンパンでも、

思いのほか売れない理由です。

 

 

たとえば、

「財布20万」と書いてあるだけで、

買おうと思う人はいません。

 

 

「ヴィトン」の財布20万と書いてあれば、

興味を持ったり買う人がいます。

これはブランドで知っているから、

つまりイメージできるから。

 

 

同じように、

「財布5万円」では売れません。

「クロコダイル」の財布5万円ならどうでしょう。

 

 

「財布1万円」では売れません。

カラーカット1万円で売れるか?と同じ感覚です。

でも、

「革」の財布1万円なら興味を持つ人が出てきます。

 

 

本来のメニュー名、コース名、

カラー・パーマ・矯正・トリートの前に、

お客さんがイメージできる名前を付ける。

 

 

これだけで、

興味を持ってもらえ売れていきます。

 

 

そう考えると、

メーカーがつけたそのものズバリ、

たとえば、

「アーネストシャンプー5,000円」では売れません。

 

 

個人差はありますが、

名前はカッコいい!

でも美容師ですら、

どんなSPかイメージできない。

ましてお客さんは欲しいなんて思わないです。

 

 

でも、

アーネストSPがブランドだったら話は変わります。

なぜブランドだと売れるのか?

みんなが知っているからです。

 

 

名前を聞いただけで、

・よさそう

・私に合いそう

・使ってみたい

と思ってもらえるような名前を付ける。

 

 

これが仕組で、

ぜひ考えてもらいたい事の1つです。

 

 

仕組の1つ、

「お客さんが自分で選びやすい状況を作るための

簡単にできる3つのテクニック」

 

 

これをワークを交えてお伝えします!

始めて参加の方はお試し無料。

知ってみたい方はぜひ参加してください。

https://enkan-hanjyou.com/jissenkai_20210830/

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP