お役に立てないので個別対応をことわりました、、、

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

昨日からご案内してる、

売上アップの最短ルートを見つけることができる、

これ、ご覧になりましたか?

 

 

・仕組みを知らない、、、

・知っているつもりだけど自信がない、、、

・正しい仕組みを知りたい、、、

と思ったら今すぐここを確認してください。

毎月5名だけ、

定員になり次第終了します。

↓↓

//enkan-hanjyou.com/support_member_pages/

 

 

今日は11~他社セミナーMTGがあります、

そして今年2人目の面接予約が入りました。

 

 

 

では今日の話を始めます。

お役に立てない、、、と判断したので、

個別対応を断りました。

 

 

メルマガより質問メールが来ました。

「いろいろ勉強もして試してみたけど売上が上がらない、、、」

「メルマガを見て個別対応があることを知りました」

「初めてなので内容を知りたいです」

 

 

そこで、

無料個別面談をさせていただきました。

 

 

内容は、

僕が何かについて説明したり、

何かを売り込むわけではありません。

 

 

むしろ僕は聞き役。

相談者の現状や過去にしてきたことをお聞きして、

「達成したいこと」を中心に、

・どうしていくべきか?

・お役に立てるか?

を僕は判断させていただきます。

 

 

一方相談者には、

僕との相性を見てもらう事が目的です。

いわばお見合いのようなもの。

 

 

30分ほどいくつか聞かせていただきました。

 

 

相談者はこの3年間いろんなところで勉強し、

複数の集客・単価アップ・売上アップに取り組んでました。

しかし結果が出ないので、

相談してくれたわけです。

 

 

聞き手に回り深く聞いていくと、

相談者が上手くいかなった理由が見えてきました。

 

 

そこで僕は解決策として、

・いくつかの提案とこの先のやるべきことの順番

・特にメニュー構成の再編は最重要項目の1つ

と提案しました。

 

 

ここまでは無料です。

あとは相談者判断になります。

 

 

すると、

メニューはこうしたい、、、

やる順番は店としてこうしたい、、、

これとこれは合わないのでこれではどうか、、、

 

 

この3つは、

過去にしてきたことを、

また僕に話してきたわけです。

 

 

自分なりの考えを持ち話せることは、

経営者として重要なことです。

 

 

しかし今回は違います。

僕にも責任が発生します。

 

 

相談者は、

自分のしたいことを僕に納得してほしいわけです。

自分の考えていることは「正しい」と、

背中を押してほしがっている。

 

 

なので僕は、

僕には力になれないと思います。

と断りました。

受ければ利益にはなりましたが、、、

 

 

なぜ断ったかというと、

自分の考えが強いため、

それを修正することができないでいます。

 

 

修正しないことは、

過去に上手くいかなかったことを、

また繰り返すことになります。

 

 

僕以外の方が何かいい提案しても、

上手くいっているサロンから、

直接その方法を聞いたとしても、

自分流に修正してしまう。

 

 

やりたい事は背中を押してほしくて、

やりたくない事は、

何とかしなくていい方法を考え、

分かってほしがっている。

 

 

僕がすべて正しいとは言いません。

しかし、

自分流を変えない、、、変えられない以上、

過去と同じことを繰り返すだけ。

 

 

今までと違う結果を求めようとするなら、

考えや、やること自体を少しでも変えていかないと、

違う結果はついてきません。

 

 

考えかた、やり方、その順番も、

仕組の1つなんです。

 

 

もしあなたが、

私は怠けてない、、、頑張ってる、、、けど、

思うような結果が付いてこないと悩んでいるなら、

是非ここで仕組を知ってください。

 

 

成功へ歩んでいる方たちがたくさん参加しています。

//enkan-hanjyou.com/support_member_pages/

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP