間違った戦略と正しい戦略

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

クーポン出して成功してる店と失敗してる店。

高単価で成功してる店と失敗してる店。

どちらも存在します。

 

 

どちらが良いのですか?と、

個別相談でよく質問されます。

 

 

これって2つの要素が絡んでいます。

クーポンにせよ高単価にせよなんですね。

 

 

1つ目は、

あなたはどんな客数を望んでいるか?

2つ目は、

それで成功するまでの過程が見えているか?

ではそれぞれ具体的に話していきます。

 

 

<あなたはどんな客数を望んでいるか?>

儲かることと、

お客さんがワサワサいることは違います。

 

 

クーポン出すならワサワサでないと儲かりません。

高単価で行くならワサワサの必要はありません。

 

 

 

1つ目ではっきりさせたいのは、

あなたが毎日忙しい状況を望むのか?

ソコソコの忙しさを望むのか?

これがはっきりしていないと、

成功に向かい始めても失敗感が強くなります。

 

 

たとえば、

500円と1,000円のラーメンを売るのに、

一食作る手間、片付ける手間は一緒です。

※平均単価5千円と1万円の店で考えてください

 

 

500円の店が、

同じ売上を出すには、

2倍の労力が必要になります。

いわゆる忙しい。

 

 

忙しく働くことに充実感があり、

成功してる実感を持つ人は、

この方法は正しいです。

 

 

1,000円の店は、

半分の労力で済みます。

少し暇感があるかもしれません。

 

 

少しゆったりと落ち着いた仕事で満足でき、

成功してる実感を持つ人は、

この方法が正しいです。

 

 

<成功するまでの過程が見えているか?>

同じく500円1,000円のラーメンで例えます。

 

 

500円なら集客は楽です。

始めから結構な勢いで集客しやすいです。

 

 

1,000円でも集客はできますが緩やかです。

単純に考えると、

500円の店の半分でよい訳です。

 

 

逆に考えると、

500円なら、

直ぐに集客できないと儲かりません。

 

 

一方1,000円でも、

1人も集客できないと儲かりません。

 

 

つまり、

クーポンか高単価かの前に、

あなた自身の気持ちに正直で、

過程を考えたとき、

気持ちがブレないか?

がポイントになります。

 

 

なぜなら、

どちらも継続しなくてはいけないから。

 

 

そしてどちらの方法にも、

共通して言えることが1つあります。

それは、

集客しなくてはいけないこと。

 

 

HP、、、、今や持っていて普通です。

ホットペッパー、、、集客方法の1つにすぎません。

上記2つだけで集客できているならそれもいいです。

 

 

しかし、

もっと集客数を増やしたいなら、

・ただ持っているだけ

・ただやっているだけ

では意味がありません。

 

 

編集・改善は必要です。

しかもこれは、

1回やってしまえば、

何年かそのままで行けます。

 

 

定期的な更新も必要です。

しかしこれは、

手間にして1回2~3分のこと。

小さな小さな努力です。

 

 

そして、

それ以外の集客方法を増やすのも方法の1つです。

 

 

頑張りましょうね!

 

 

・・追伸・・

人口減で客数・スタッフ確保は難しくなっています。

また、

1人や夫婦経営の場合、

歳をとる過程で無理ができなくなっていきます。

 

 

なので、

高単価の勧めをよく聞くと思います。

 

 

しかし、

・時代は高単価だから

・うちの店は高単価だから

・うちの店は安くないから

とプライドだけでは儲かりません。

 

 

高単価でもクーポンでも、

儲かっている店が成功店ですから。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP