料金とメニューとお客さん

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

見ていただけましたか?

昨日から案内している、

お客さんに、

・信用してもらいメニューを選んでもらう

そして売上アップしよう!ということで、

 

 

「メニューをお客さんに信用してもらう5つのポイント」

についての勉強会を案内しています。

初参加の方は、お試し参加無料です。

↓ ↓ ↓

https://bit.ly/3a1naB1

 

 

静岡のあるショッピングセンター。

1Fには平均的な料金の店。

2Fには、

カット1,500・持ち込みカラー2,000円・リタッチ3,500円、

というリーズナブルな店が入っています。

 

 

お客さんの入りはと言うと、

1Fはパラパラ2Fは混雑してる。

 

 

一方の考えでは、

一般的料金とはいえ、

3倍近い違いがあるわけですから、

客数に3倍の違いがあって当たり前。

 

 

でも一方では、

お客さんが技術に差:違いを感じないってことになります。

 

 

正確には、

違いが分からない=安い方がいい。

 

 

また別の見方をすると、

低料金の店が下手で、

高料金の店が上手いわけではないです。

 

 

 

では頭を切り替えてください。

同じことは同じ店の中でも起こっています。

 

 

たとえば、

今までカラーカットが、

分かりやすく1万円だったとします。

 

 

時代と共にいい薬剤やいい手法が出て、

12,000円のカラーを導入したとします。

※料金は自分の店に置き変えてくださいね

 

 

過去の事を思い出してください、

カラー客100人中の何人が、

12,000円のカラーを選んでくれたか?

 

 

プロである美容師がいいと認めたカラー。

まがい物でないに決まっています。

しかしお客さんはついてきてくれない、、、

 

 

この理由は何だと思いますか?

 

 

昨日も話した通り、

お客さんは、

あなたや店でなくメニューを信用してないのです。

 

 

正確には、

「変わらないでしょ」と思っている。

 

 

これが選んでくれる人が少ない原因です。

ではどうしたら、

信用してもらえるか?

を考えてみます。

 

 

<お試し>

たとえばマグロの赤身。

冷凍ものと天然ものを、

1きれづつ食べ比べてもらう。

 

 

味の違いが分かったうえで、

どちらにするか選んでもらう。

要は試食です。

 

 

この手法を美容室が使うなら、

お試しをしてもらう。

これで違いが分かってくれない方が圧倒的なら、

店が導入したカラーが失敗だったことになります。

 

 

良さを感じてもらえないのに、

「こっちの方が~~でいいです」と、

高い方を勧められたら、

単なる営業・押し売りです。

 

 

 

<短文で背景を教える>

美味しいマグロである事が前提で、

美味しいマグロと書くより、

・今朝水揚げされたマグロです

・〇〇漁港のマグロです

・〇〇市場からの直送マグロです

の方が美味しく感じます。

※美味しいことが前提条件=いいカラーが前提条件

 

 

要は伝え方で、

美味しさを感じる=良さを感じる。

 

 

この手法は、

ちょっといいBARに行くと分かります。

 

 

一言お酒の説明をしてくれます。

・〇〇のウイスキーを〇〇の炭酸で割りました

・〇〇産のレモンで割りました

・〇〇地方のワインなのでフルーティーです

 

 

上の〇〇に入る部分は、

よく聞く名前が入るだけ。

特別高いお酒を頼まなくても、

必ず教えてくれます=美味く感じる。

 

 

良さ、違いを分かってもらう方法は、

ほかにもたくさんあります。

 

 

メニューの良さを信用してもらえれば、

お客さんは、

あなたお勧めのメニューを選んでくれる人が増えます。

 

 

今月の実践会は、

あなたのメニューを信用してもらい、

売上アップする方法を学ぶだけでなく、

一緒に実践することができる勉強会です。

 

 

興味がある方は直ぐ見てください。

「メニューをお客さんに信用してもらう5つのポイント」

初参加の方は、お試し参加無料です。

↓ ↓ ↓

https://bit.ly/3a1naB1

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP