集客できない広告の特徴

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

一昨日、

ある団体からのセミナーの打ち合わせをしました。

 

 

あなたの関係者、

ディーラー・組合・~会などで、

ご要望があれば催しますので、

ぜひ紹介してください。

 

 

集客目的の広告と言えば、

チラシ・タウン誌。

HP・ポータル・FB・インスタ・ユーチューブなど、

複数存在します。

 

 

上手く集客できている店のしてることは3つ。

・継続してる

・配信数が多い

・誘導するページが1つだけ

 

 

逆に、

広告で集客できない店の特徴は、

・あれこれ次から次へ広告を変えている

・配信回数が少ない

・誘導するページがない

 

 

 

アナログとネット系、

それぞれの活用方法を解説します。

 

 

<アナログの場合のポイント2つ>

ポイント1。

必ずHPへの誘導をする。

 

 

ポイント2。

自分のスマホで確認する。

 

 

キャッチコピーの下に店画像。

そのすぐ下に、

4大メニューのインデックスを付ける。

 

 

お客さんがまず注目するのは、

自分のしたいメニューがどんなものか?です。

 

 

 

たとえばカラーをしたいと思った人は、

HPの中でカラーのページに行きたいです。

 

 

せっかく興味を持ってHPに入ったのに、

カラーのページに、

・なかなか入れない

・どこにカラーページがあるか分からない

となるとすぐに出ていきます。

 

 

なんともったいない、、、

 

 

各メニューの専用ページを用意して、

すぐに見つけられるか確認してください。

 

 

<ネット系の場合ポイント>

ポータルから話します。

 

 

まずメニューの高い方から載せる。

 

 

人は初めに見たものが印象に残ります。

そしてそれが基準になります。

 

 

1万円と見た後に、

9千、、、7千という料金を見ると、

安く感じます。

 

 

逆にすると、

ドンドン値段が高くなっていく感じを受けます。

 

 

但し、

高単価な店の場合で、

高い順に並べて集客できないなら、

逆にしてみるのも1つの方法です。

 

 

 

それぞれ最低でも1か月は固定して、

テストしてください。

 

 

FB・インスタ・ユーチューブの場合、

これは完全に1つのメニューについて配信する。

 

 

当店は全てのメニューに~、

と言う感じは反応率が下がります。

 

 

蕎麦が食べたければ蕎麦屋を探します。

カレーが食べたければカレー屋探します。

ファミレス、定食屋は探しません。

 

 

これと同じで、

1つにメニューに絞って配信しましょう。

 

 

こんな工夫1つで集客数は変わります。

あなたが広告してるのに、

集客はサッパリ、、、

 

 

 

それならぜひ試してほしいことです。

それだけで数字は変わります。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP