店のアピールポイントを勘違いすると売上は下がる

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

お店がお客さんにしてることは、

たくさんあると思います。

 

 

・誕プレ

・キャンペーン

そしてもちろん、

・いい技術

・いい接客

 

 

なのになぜ?

お客さんは増えないのか?

もう来店してくれないのか?

 

 

理由が分かれば改善すればいいわけですが、

なぜ?

と言った時点で理由が分かってないことになります。

 

 

そこで少しプライベートを交えて、

解決方法を話します。

 

 

 

ご存じの通り娘は就活中。

就職先を決めたい娘は、

内定をもらえるよう頑張っています。

 

 

内定もらいたい学生と、

サロンは実によく似ています。

お客さんに来店してもらうために頑張っている。

 

 

特に作文、面談では、

仕事も社会の経験もない娘なのに、

お手本のような会社が喜ぶことを、

書いたり話します。

 

 

サロンは、

お客さんに喜んでもらえる、

良いサロンであることをアピールします。

・メニューの用意

・新規割引

・丁寧な接客

 

 

一方で、

いい人材を採用したい企業は、

待遇面はもとより、

会社の良さをアピールしますが、

それと同時に、

学生を疑っています。

 

 

学生の気持ちは、

・内定をたくさんもらいたい

・内定を出しても就職するとは限らない

・内定をもらいたいからいい自分を見せようとする

・時には自分の性格を隠す

 

 

これにサロンを当てはめるとお客さんは、

・どんなサロンがあるのか知りたい

・知ったところでサロン側のアピールを鵜呑みにしない

・来店してほしいからいい事ばかりアピールしてると思っている

・時に店やメニューを過大広告する

 

 

学生は企業の本音がどこにあるのか知らない。

それと同じように、

サロンはお客さんの本音をどこまで知っているか?

ここがポイントです。

 

 

どこのサロンも、

・私の店の技術は普通です

・カーラーは普通です

・接客は普通です

なんて思ってるわけがないです。

 

 

ですが、

他店の広告をひと事で見ると見えてきますが、

ほぼどこのサロンも、

同じようなことを言っています。

当店の、

・カラーは傷まない

・ツヤツヤになる

・カットは上手い

・~に喜ばれています

 

 

どこも同じことを書いている・言っているから、

企業が学生を疑うように、

お客さんはサロンを疑ってかかります。

 

 

ではどうするか?

それは他店との違いをアピールすることです。

 

 

あくまでもたとえばですが、

・傷まないカラーはありません(一部は除く)

・~な接客はしません(~な接客を心がけています)

・割引していても安さをサービスとは考えていません

など、

他サロンとの違いをアピールしてみる。

 

 

特にポータルやHpの場合、

ただで、すぐに、変えられる。

元に戻すのも簡単なので試してください。

 

 

ちなみに個別対応してる店には、

正直に「カラーをすれば髪は傷みます」

と書くことを勧めています。

※アルカリカラーの場合

 

 

補足で、

「傷むから当店では〇〇をします」

「ダメージ回復させるために〇〇します」

と言う感じ。

 

特に、

HP・ポータルの場合、

ただで、すぐ、変えることができるだけでなく、

効果がなかった場合、

直ぐに元に戻せるメリットがあります。

 

 

他店より優れている。

他店よりいい。

でなく、

他店との違いをアピールする。

ぜひ試してください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP