やろうと思ってもなかなかできない人の心理

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

あなたは泳げますか?

 

 

泳げる人もそうでない人も、

共通した3つの順を追っています。

 

 

この3つは経営にも共通する事なので、

泳げる人はそうなる前の事を

泳げない人はひと事で聞いてください。

 

 

泳げる人っていうのは、

・海に行ったときなど見様見真似で泳ぎたくなった

・親にスイミングに連れていかれた

のどちらかでしょう。

 

 

両者とも、

泳ぎたいが。

泳げるようになることが前提です。

美容室経営者のあなたは、

「売上を増やしたい」は前提です。

 

 

初めて泳ぐとき、

・顔に水はかかるは

・息はできないは

・水は飲むは

イヤな事や苦しい事ばかり。

 

 

売上アップも、

・勉強することばかりであったり

・書くことが苦手であったり

・疲れて時間がなかったり

イヤな事苦しい事ばかり。

 

 

水に関しては死の恐怖との闘い。

経営に関しては売上との闘い。

 

 

ここで考えて欲しいことがあります。

泳げるようになるために、

一番早い方法は何かってこと?

 

 

・金メダリストの本を読む?

・大会の動画を見る?

・手足の使い方を学ぶ?

確かに正しい泳ぎ方はわかるでしょうが、

泳げるようにはなりませんよね。

 

 

答えは、

とりあえず泳いでみるですよね。

 

 

水を飲みながら、

足をつらせながら、

何度も何度も。

結果として泳げるようになる。

 

 

売上も同じです。

いくら勉強したところで、

ノウハウや、やり方、考え方は分かるでしょうが、

売上は増やせません。

何度でも繰り返し販促してみることがポイントです。

ですが、、、

 

 

何度も繰り返すことができない、、、人がいる。

その理由は、

慎重で真面目だから。

 

 

何かする前に、

これでいいのか?間違えないか?これで上手くいくか?

と考えては手が止まってしまう!

つまり水に入っていない。

 

 

そんなときどうするか?

それは、

とりあえずやってみることです。

 

 

慣れないときは、

思うように泳げないと同じで、

上手くいかないことはあります。

 

 

そしたら、

どこがいけなかったのか考えて、

改善すればいいわけです。

 

 

とりあえずやってみる!

予想に反した時は、

どこがいけなかったのか考え、

その部分を改善する。

この繰り返しです。

 

 

2日前、

3月の企画として紹介キャンペーンの話をしました。

 

 

紹介をしてもらうためには、

まずはじめに、

「紹介してください」と言うかどうか?

 

 

紹介カードを作ったかどうか?

その特典にお客さんが動くのかどうか?

紹介者へのお礼は十分か?

など、

やっていくうちにどんどん改善点が出てきます。

成功するまで繰り返すわけです。

 

 

やってみて初めて分かることは多いです。

まずはやってみる!

そして改善していく!

これ成功してる人に多いパターン。

 

 

慎重すぎて、

完璧を求めすぎて、

二の足を踏んでしまう。

これ気持ちはあっても勉強はしても、

成果が得られない人に多いパターンです。

 

 

もしあなたがそうなら、

知っていることは、

直ぐに行動してみてください。

そこから何かが始まります。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP