売上アップは苦しい、、、

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

お笑いの「さんま」さんの師匠を知っていますか?

笑福亭松之助と言うそうです。

 

 

住み込みで弟子入りしたさんまが掃除をしていると、

「楽しいか?」と聞かれたそうです。

 

 

「いいえ」と答えると、

『掃除はどうしたら楽しいか考えろ』

と言われたそうです。

 

 

さんまは、

どうしたら掃除が楽しくなるか?

考え、思いついたことを試したそうですが、、、

楽しくならなかったそうです。

 

 

でものちに、

師匠の言葉の重みが分かったそうです。

 

 

掃除なんて、楽しくなるわけがないんですよ。

ところが、

『楽しくなることを考えてることは楽しい』

 

 

『掃除はどうしたら楽しいか考えろ』:久垣啓一:noteから引用

この事を僕が知ったのは、

久垣さんからでなく、

尊敬する1人の方からの教えです。

 

 

いいこと言うなぁ~で終わってはつまらないので、

僕なりに経営や仕組みのことで考えてみました。

 

 

 

どんなメルマガの内容にするか考えることは楽しい。

僕の場合、

頭の中で話してみます。

これも楽しい。

でも、、、

 

 

タイピングして配信するのは正直ちょっと面倒。

 

 

店の事で言うなら、

昨年の3月はコロナが始まったこともあり、

3月の年間計画は外しました。

 

 

そこで、

この3月は何をするか?

考えるのは楽しい!

考えたことをスタッフに説明するのも楽しい。

でも、

考えたことを紙にするのは面倒。

 

 

年間計画の1つこの3月の企画も、

準備はすでにできています。

常連客に紹介してもらう、

「紹介してくださいキャンペーン」です。

 

 

さてここであなたに質問します。

 

 

ほとんどの人が、

「これをやってみよう」とは思っても、

面倒になって結局何もしないことが多いのに、

僕はなぜ「面倒」だと感じることができるのか?

 

 

ある意味、

僕も考えさせられました。

何故だろう?と。

 

 

答えはこうでした。

何をしたとしても、

「絶対に売上アップする」とは限りません。

 

 

ですが、

こうしたら上手くいくんじゃないか?

と考えるのは楽しい。

 

 

売上アップすることをイメージするから!

もありますがそれ以上に楽しく思う事があります。

 

 

それが成功してスタッフとともに「やったね!」

と一緒に喜ぶイメージをすることが楽しい。

なんか勝者の気分。

 

 

失敗したときは、

・どうして?

・くっそ~

・次は絶対成功してやる

と思えるので、

失敗の後もある意味楽しい。

 

 

さて話を戻します。

もしあなたが、

これをやってみよう!と思ったのにできないのは、

面倒=楽しくないからではないですか?

 

 

でもどう考えても、

面倒=楽しくないことは、

楽しめるはずはありませんよね。

 

 

それなら視点を変えて、

やりきった後の事を考えてみてはどうでしょう。

「今度食事でもどうですか?」

と送信した後の返事待ちのように、

ワクワクしますよ。

僕はそうしています。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP