●●もしあなたが売上が欲しいなら技術を売ってはいけない

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

こんにちは 佐藤 祐司です

200

from:事務所から

 

10日、セミナー用のPWPがやっとできました

今回は珍しく制作に苦戦しました

 

儲かる仕組みの中の

コピーの書き方を中心に話す予定なのですが

スタッフを抱えたお店が多い

という事でしたので

それに合わせた内容を考えていました

 

期日が迫ってきたので

リサーチをかけたところ

結果として個人経営者の参加者

圧倒的にが多いという事がわかりました

 

うわぁ~作り直しだぁー

となった訳です

 

1~3人で経営のお店と

それ以上もしくは多店舗化しているお店でも

基本的な販促の考え方は同じなのですが

 

経営者の考えが違います

このことについてはまた別の機会に話すとして

 

なぜ作り直すかと言いますと

販促にかける経費が違ってくるからです

 

小さなお店の場合

たとえば新規集客100人はしたいでしょうけど

実際集まっちゃったらどうなるかと言いますと

担当しきれなくなってしまいます

逆に大きなお店では100人単位でほしいわけです

 

50万の経費で100万の売上アップさせる方法と

5万の経費で10万の売上アップせせる方法が

違ってくるからなんです

 

同じ業種であっても

そのお店の規模によっては

一方では価値があっても

もう一方では宝の持ち腐れという事になりかねません

 

やはり

あなたに合った販促こそが

あなたにできる販促なのですから

 

今回のセミナーは依頼されてのセミナーになりますので

その良し悪しは参加する経営者が決めるわけです

 

参加される経営者が

一番欲しているもの

欲求=ウオンツを満たすこと

価値を与えることが僕の仕事なのですから

 

今日の話は偶然見つけた

面白いコメントを紹介します

 

奥さんと1人息子の3人暮らし

お父さんは出張が多く

奥さんには頭が上がりません

 

家族のために頑張っているのに

「本当に出張なの?」「どこで何をしてきてるの?」

と言われたい放題

 

そんなお父さんですが

毎年夏になるとライオンのように

家族にとっては頼もしい一面を見せるそうです

 

夏と言えば蚊!

蚊に刺されるとたまりませんよね~

ところがこの家族の場合

お父さんが一緒にいると

奥さんと子供は蚊に刺されることがないのです

 

理由はわからないそうですが

刺されるのはいつもお父さんただ一人

お父さんだけ蚊にボコボコにされるそうです

そんなにお父さんの血が美味しいのか!?

とにかく夏はお父さんと一緒にいると

安心安全なのだそうです

お父さんは金鳥マンに変身しちゃうのです

 

そんなお父さんは

夏になるとバックの中には

殺虫剤・虫よけスプレー・かゆみ止めは必需品

家の中では蚊取り線香

 

えっ!?蚊取り線香?

今ではワンプッシュするだけで

1日中殺虫効果があるというものが発売されているのにです

(本当に効くらしいです)

 

でもこのお父さん

買ってみようかなぁーと思いながら

なかなか買いませんでした

 

買う事に抵抗があったようです

そしてやっと買ってはみたものの

結局は蚊取り線香も併用しているそうです

 

何故でしょう?

・効果がないから?

いやいや違います

 

蚊取り線香のあの独特の香りに魅了されているのです!

・匂いが好きだってこと?

それもあるでしょう

でもそれ以上にあの香りがしていると

蚊に刺されない!という安心感があるのだそうです

 

技術が革新的に進み

いい商品やいい技術がドンドン出てきて

その良さ・素晴らしさ

見込み客にとってのベネフィット(価値・ご利益・メリット)

が提供できた!伝えた!としても

 

断トツに指示され売れるという事はないのです

いまだにこの時期になると

ドラッグストアで大量の蚊取り線香が売られているのは

売れるからなのです

 

蚊の退治の研究者はきっと不思議がっているでしょう

メーカーも同じ気持ちだと思います

 

こんなにいい商品が出ているのに

なぜ?いまだにい蚊取り線香が売れるのだろう・・・と

 

実はその理由はこんなところにありました

見込み客にその効果を信じてもらえないという事実です

 

あなたも、そしてもちろん僕も

見込み客にベネフィットを伝えることは

基本中の基本ですですが

 

それをいくら伝えたところで

見込み客にそれを信じてもらえなけば

全く意味がないわけです

 

信じさせようとすると

今度はしつこい・くどい・胡散臭い感じになるだけです

 

いい商品・いい技術を伝えることはできたとして

それを信じてもらえているのかどうなのか

冷静に考えて見ることも必要かもしれません!?

 

・・追伸・・

そのためには見込み客の心理や法則を

知らなければなかなか信じてもらえません

えっ何?その心理や法則って?

それならこれがきっと役に立つはずです

https://enkan-hanjyou.com/products

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

・・追伸・・・・ 売上に悩んだらお気軽に相談ください

相談は無料です

※件名に 売上の件 と入れてくださいね こちらまでどうぞ⇒omoi@rakushojuku.com

 

 

 

 

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP