営業時間と休みは変えるべき!意外と気づいていない、、、

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

・・・お詫び・・・

いま受付しているサポート会員制度。

せっかく参加申し込みをしたのに、

上手く決済が出来ない、、、

システムエラーが出ているのか?

 

 

本日中に確認して、

申込者の方にはメールさせていただきます。

よろしくお願いします。

 

 

美容室の売上は、

仕組がポイントだということはご存じでしょう。

 

 

個別対応させてもらっている店でも、

・ほとんど気づいていない

・気づいていても初めからその気がない

すごく単純で簡単な仕組みがあります。

 

 

これから話すことは、

私は1人営業だから、、、

私はスタッフが少ないから、、、

私は多店舗だから、、、

なんて関係なく全ての店舗に言えることです。

 

 

立地・地域によって、

休みや営業時間を

変えた方がいいことが多いです。

 

 

たとえば定休日。

これは立地によっては、

直ぐにでも変更した方がいいこと。

 

 

店舗売り上げは、

営業日数と営業時間に大きく左右されます。

・月に20日営業と30日営業

・8時間営業と24時間営業

これは明らかに長い方が、

売上は増やせる可能性が高いです。

 

 

なので、

立地に限らず厳密にいうなら、

店舗の場合、年中無休が理想です。

 

 

特に、

・昔で言うなら商店街

・乗降客が多い駅前

・ショッピングセンター近く

の立地がそれにあたります。

 

 

ちなみにショッピングセンター内は、

店の都合に関係なく365日営業の条件が付いています。

守れない場合出店不可。

もしくは撤退を余儀なくされます。

※私の店でもセンター内の店はそうしています

 

 

それをするには、

スタッフが余計に1人必要な店もあるでしょう。

もし今暇なら増やす必要はないでしょう。

直ぐに行動すればいいだけですから。

 

 

営業時間も同じです。

 

 

成功例として、

一時期まさかのラーメン店が、

朝6時から営業すると、

出勤前の方やお年寄りが来店して混雑、、、

なんてことになっています。

 

 

営業時間は、

変えてみると意外な結果になることが多いです。

ですが、、、

 

 

あなたも含めて、

ほとんどの経営者は、

冒頭話したように知ってか知らずか、

・あ~そうですね

・うちは1人だから

・自分の休みがなくなるから

のような理由で右から左へ流します。

 

 

年中無休も営業時間の考え方も、

どうやって実行するかも仕組みです。

 

 

「そんなことできない」と決めつけていると、

話になりません。

 

 

そうしなくては損。

出来るできないを考える前にひと事で、

「できるようにするためにはどんな条件が必要か」

整理して、

その条件を満たすための行動をとること。

それが目標になります。

 

 

同じことなのですが、

人は損してることには鈍感で、

失う事には敏感です。

 

 

お金に困り始めると節約を考えます。

 

 

これは損してることの初めて敏感になったこと。

節約はもっと前からできたこと。

自分の意志だけで行動でき簡単な事にも拘わらず。

 

 

失う事とは、

広告費を代表とする、

未来の利益のための経費。

懐からお金が出るので敏感なわけです。

 

 

店を休む。

営業時間の問題は、

損してることになります。

なので鈍感でも仕方ないのですが、、、

 

 

考え方にも仕組があり、

教育にも仕組があり。

行動パターンにも仕組があります。

 

 

仕組について学べる、

サポート会員をあなたに勧めます。

 

 

営業人数によってサポートが変わります。

1~2人営業者向け、

夫婦で営業・スタッフを1人採用しての営業の方はコチラ

https://enkan-hanjyou.com/member/index_snp.html

 

 

3人以上で営業・複数店舗の方はコチラ

https://enkan-hanjyou.com/member/

 

それぞれ5サロンづつの受付になります。

現会員さんたちと一緒に、

売上アップを目指しましょう。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP