今だから経営者がすべきこと

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

やはり宣言ですね。

もうすでに12月あたりから、

あおりを受けていますが、

春の再燃、、、なんてこともあるかもしれません。

 

 

でも僕たちは、

昨春から何をすればいいのか?

経験して学びました。

 

 

それを生かし、

さらに強力に活用できます。

 

 

しかし、

本当にこのような状況になると、

詐欺めいた案内が多くなります。

 

 

僕のところには、

Amazonから、

「アカウント所有権を証明してください」

「アカウントが停止されました」

「カード情報を更新してください」

と何回もメールが来ます。

 

 

同じような内容で、

銀行・楽天・Google・デパートを名乗ってきます。

 

 

全て詐欺!

あなたも注意してくださいね。

 

 

国が発令する緊急事態宣言。

僕たちも同じように、

経験を生かして発令しなくてはいけません。

 

 

国でも店でもその時に重要なのは、

1:どこをゴールにして

2:どんな内容で

3:どれくらいの期限

にするかが重要です。

 

 

国は国でいろいろあるのでしょうが、

政策にすぐにチャチが入る理由は、

1の目的は分かっても、

2の内容を説明しないから。

~することで

~なので

 

 

したとしても、

目的と食い違っていたり、

それでは目的達成できない、

と思えることが多いから。

 

 

これって、

美容室アルアルで、

個別で対応してる方にも多い傾向です。

 

 

たとえば、

2つ例をあげます。

 

 

1:売上が欲しい

ご存じの通り美容室の売上は、

客数×単価の2つでしかありません。

 

 

コロナヤバイ、、、売上確保が目的であるなら、

やることは、

客数を増やすか単価を上げるかだけです。

 

 

いいですか?

売上を増やすまたは現状維持をする!

が目的ですよ。

 

 

それなら感情論やできるできないは抜きにして、

やることは2つしかありません。

 

 

<1:広告で客数を増やす>

※広告とはチラシからSNS、ポータルなど全て含まれます

 

 

広告量を増やすか、

してなかった広告をする。

 

 

 

もしくは、

今使っている広告の割引を大きくする。

 

 

これで客数は増やせます。

つまり目的の売上~が可能になるわけです。

たとえ一時的に低単価になったとしても。

 

 

その時に大切なのは、

国が説明いない「理由」を説明すること。

 

 

<2:単価を上げる>

来店客に対して、

+メニューやテンパンを買ってもらう。

 

 

こちらも、

利益を取れる範囲で、

割引をすると効率的です。

 

 

 

この時も、

・割引するしない

・利益率が下がる

・そこまでして売りたくない

は、目的が違ってきます。

 

 

プライドや方針を曲げないで、

売上を増やす・現状維持が目的であれば別です。

しかしそれには、

タイミングと時間と高度な仕組みが必要です。

 

 

いまそこまでの余裕、

その3つをあなたは持っていないでしょう。

 

 

目的が変わらないよう。

お客さんには、

・なぜ割り引くのか?

割り引かないなら、

・なぜお客さんにそれを勧めるのか?

しっかり伝えてください。

 

 

1:どこをゴールにして(目的)

2:どんな内容で

3:どれくらいの期限

そうする理由も忘れずに。

 

 

繁忙期の春に向けてGO!

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP