法律?規則!そんなもの意味がない

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

いきなりですが美容室経営者は、

経営者としてのプライドは低いわりに、

美容師としてのプライドが高い人が多いです。

 

 

経営者のプライドとは、

いかに利益を上げているか?

美容師としては技術でしょう。

 

 

そのおかげで、

経営に関して大きな勘違いをしている人が多いです。

 

 

たとえば、

求人で苦労している店は多いです。

 

 

有料の求人を使っている店も多いです。

しかしそれでもサッパリ、、、

 

 

その方達に、

どんな内容の求人を出しているか聞いてみました。

 

 

小さな美容室の場合特例があり、

法律や規則では、

「週休2日制は毎週2日の休みは必要ない。

月1回以上週2日の休みがありればいい。」

残業に関しても特例があります。

 

 

それを逆手とは言いませんが、

その制度を知って、

完全週休2日にしてない店が多い。

残業も同じです。

 

 

確かにこれで、

ハローワークも大手求人広告社も、

受付はしてくれますが、、、

 

 

それはあくまでも、

法律・規則を満たしてるにすぎません。

 

 

 

「当店は法律・規則は満たしている」

とばかり自慢する人もいます。

 

 

よく考えてみて下さい。

完全に店都合です。

 

 

スタッフを満足させられない店は、

お客さんも満足させることはできません。

 

 

 

そんな考えで、

経営的が上手くいくわけないです。

 

 

これは何も求人に限ったことではありません。

 

 

経営者の一番身近にいる人から、

最大限の満足を考える。

これが経営の基本的考えです。

 

 

たとえば、

1人経営で独身なら、

将来の自分に対しての満足を考える。

 

 

家族がいるなら、

奥さん、子供の満足を考える。

 

 

夫婦で経営なら、

自分よりパートナーの満足が一番。

 

 

スタッフがいるなら、

スタッフが一番。

そして次がお客さん。

 

 

経営者は最後に、

利益として満足する。

 

 

この順番を無視して、

やれ法律・規則通り。

美容室では〇〇が普通と、

得意げに言う人が多すぎる。

 

 

美容室の80%は儲かっていません。

それと同じ考えをしていては、

儲かるわけないです。

 

 

マーケティングとは、

先に相手にメリットを与える。

その対価として、

あなたが欲しいものが得られる。

 

 

この考え方を踏まえれば、

求人で週休2日は当たり前、

それ以上に求職者に何を与えられるか?

 

 

 

そうなれば、

問い合わせはか必ずと言っていいほど来ます。

 

 

集客も同じ事。

ポータルでありがちですが、

他店の割引を見て決める。

※運営会社もそう勧めるからたちが悪い

 

 

定価・割引は、

他店と比較してはいけません。

 

 

あなたの店独自に決めるのが正解。

 

 

技術に対するプライドを、

スタッフ、お客さんには、

「うちが一番」に使ってください。

 

 

あなたはその恩恵として、

利益が得られます。

店は大きく変わります。

 

 

来年はこの考え大事にしてくださいね。

 

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP