貯めるのに必死になるように売上UPも必死になれ

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

メルマガを配信したあと、

ユーチューブ用の収録を行います。

 

 

今回よりナビゲーターが女性に変わります。

お客さんと同じ女性目線で、

あなたにリアルな情報が流せると思いますので、

ユーチューブ楽しみにしてください。

 

 

それでは話を始めます。

 

 

僕の尊敬する方が、

「全くその通り」と思う事を言っていたので、

シェアしたいと思います。

 

 

日本人の貯蓄率は世界のNO1だそうです。

どんなに不況になっても、

節約してでも貯金する。

 

 

文化でもあるので、

これはこれで素敵だと思います。

 

 

しかし僕たちは経営者。

サラリーマンと違って固定給ではありません。

 

 

たまたまでも、何かしてでも、

売上UPした分は直収入に反映されます。

すると貯金する額も増やせるわけです。

 

 

一方で、

歩合制の店は別ですが、

スタッフは固定給が多いです。

 

 

どれだけ頑張っても、

ほとんど給料に反映されないか、

微々たるものでしょう。

 

 

なのにほとんどの経営者は、

「頑張れ」と言います。

 

 

この考え、

経営者がとっている行動と矛盾します。

 

 

貯金する原資となる店の利益を、

増やすことにはあまり積極的になりません。

 

 

つまり、

節約には必死になっても、

売上UPには必死になれない。

 

 

売上が増えるどころか減っていくと、

節約もできなくなり、

貯金はできなくなります。

 

 

何度か話していますが、

売上UPに絶対に必要なのは2つです。

・時間、体の投資

・お金の投資

 

 

ここでも考えてみてください。

 

 

 

たとえば、

あなたは疲れていて時間がない。

 

 

そこで、

あなたに代わって誰かに、

DM・メール・SNS配信をしてもらうとします。

 

 

時給いくら払いますか?

払えますか?

1,000円?3,000円?1万円?それ以上?

 

 

あなたの考えた時給は、

あなた自身がしたときの時給とも言えます。

 

 

つまり、

1,000円しか払わないのは、

その程度の結果しか得られない!

と思っているから。

 

 

もしDMをたった10枚出すだけで、、、

もしSNSを配信するだけで、、、

3万5万の売上に繋がるなら、

これがなたの時給になるわけです。

 

 

節約には限界があります。

しかし、

売上UPに限界はありません。

 

 

ではどんな思考に切り替えればいいのか?

 

 

節約する労力を、

売上UPさせる労力に切り替える。

労力を惜しむなら、

お金を使って(投資)UPを考える。

 

 

成功したい経営者には必要な考えですよ。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP