●経営者にとり憑く悪霊●○△□と◇✖☠●早く技術を覚えてもらうには

Auther:rakuadmin

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

こんにちは 佐藤 祐司です

200

from:リビングから

 

ガレージを掃除していたら OILがフロアに垂れている!?

見上げてみれば OIL落下防止の板がずれていました

定期的にチェックしていないと

思わぬ落とし穴があるものです

 

さて今日の話も昨日からの続きです

経営者にとり憑く悪霊は2つです

 

あなたの最大に悩みを2つ上げてください

そう!その2つがあなたにずっとついてまわります(笑)

 

季節的にマッチするかと思い

このような出だしにしました

実はこの2つとは

 

1・売上

2・スタッフの問題

です

 

今日もスタッフについて話していきますね

※1人経営者のあなたにも無縁ではありません

一方の脳で販促しなきゃ!と考えつつも

もう一方の脳は

時間が・・・暇が・・・明日から・・・と言って何もしていないのでは?

自分の中に動いてくれないもうひとりの自分がいる

これはスタッフと同じです

 

では始めましょう

売上をアップさせるために

マーケティング(価値・ご利益・メリットを与え、代償としてお金をもらう)

の考え方を以前話しました

 

これはこのままスタッフにも使えるんです

 

経営者のあなたとお金が絡む関係の相手とは

必ずこれを意識していなければいけません

 

お客様からはお金をいただくので

お金をくれ!と言う前に・・・・自分の欲求・願望

あなたを綺麗にします・可愛くしますというを約束しなければいけませんよね

先に相手に価値・ご利益・メリットを与えるわけですから

その代償として代金をいただくわけです

 

カットする前にお金は頂きませんでしょう

 

ところが

代表的な例で言いますと

ディーラーさんに対しては

あなたがお金を払います

 

つまり

あなたがお客様です

ですから

あなたの欲求や要望に応えようとします・・・価値・メリットを与えようとする

時には愚痴やわがままを言っても

耐えてくれます

 

ところが1たび取引がなくなれば

もう来なくなりますでしょ・・・・わがままも聞いてもらえなくなる

単純にお金を払ってくれないからです

 

では

スタッフはどの立場になるのでしょう?

これをマーケティングで考えると

 

スタッフは

あなたのお店で

明るく前向きに文句も言わずに働き

技術を覚え売上に貢献する

という価値をあなたに与える代償として

 

あなたは

お金を給料という形で払います

ここまでは問題ないでしょう(本当はありますが)

 

しかしあなたは

技術を教えることをしているでしょう

これはあなたがスタッフに与える

価値・ご利益・メリットです

 

この機械的なクールな考えが

正しいというわけではありませんが

時代とともにアメリカナイズされてきて

このように移行してきています

 

この考えは

スタッフからすると

教えてもらってあたり前!

とい事になります

しかも分りやすくです

 

これが経営者のあなたから

得られる価値になるわけです

 

こんな事話していると

僕もちょっとだけイラっとしてきますが

現実でもあります

 

はい、そこでスタッフが

意欲的に率先して勉強し

長く働くポイントは2つです

 

1つ

待遇の改善

2つ

仕事や練習を楽しくさせる事

 

1は今回は話しません

2については具体的にどうするかと言いますと

 

1つ1つの技術を細かく分けて

ちょっと頑張れば目標が達成できる

という工夫をするだけです

 

僕の店で離職率が低いのは

この考えと方法を取り入れてからです

 

ワインディングについてはお話ししたと思いますので

他の技術について話しますね

 

カット

100均で鋏を買わせ

営業中はいつも持たせ

親指だけでの開閉を練習させます

 

練習と言ってもかたい話ではありません

手を下げたまま

髪など切る必要もありません

フロントにいる時でもいつでも

指だけ動かさせています

 

カットの練習に入る頃には

鋏の開閉はうまくなっています

 

ブローをしている時から

ワインディングのブロッキングの時のように

綺麗にとりわけ

なるべく上に向けてコーミングして

1本のダックカールで止めさせています

 

これは余談ですがSETのいい練習のもなりますし

カットの時も

綺麗に素早く髪をとめてカットに入りやすくなります

 

実際にカットの練習に入るときは

いきなりスタイルを切らせません

 

捨てるよなウイックを

好きなように切らせたり

スライス・・シェープ・・カット

を繰り返しして

手さばきをスムースにさせています

 

ここでおさらいしますね

カットの練習に入る殆どの場合

1・綺麗にスライスが取れない

2・何本もダッカールがないと髪をとめられない

3・コーミングがうまくできない

4・毛束を上手く指で持てない

5・頭皮からの角度、引いたりおしたり、アップダウンなどが正確にできない

6・ガイドが見れない(わからない)

7・ハサミで上手く髪を切れない

などざっと数えただけでも7つの学習しなければいけないことが出てきます

そして+カットの技術を学ぶ

 

カットの練習をするということは

一度にこんなに多くのことを学ばなければなりません

 

この状況、スタッフにとっても教えるあなたにとっても

かなり辛いですよね

 

この辛さが嫌になる原因です

嫌になればやる気などすっ飛びます

 

楽しくやる気にさせる!

自由・・・これがキーワードです

こうして1つの技術に入る前の

下準備をさせておくと

本人も教える方も楽になります

 

楽か大変かどちらがいいか?

と言えば楽な方に決まっています

 

このように

楽にするにはどうするか?

をいつも考えています

(経営もいかに楽にするかですよね)

 

昔、技術セミナーをしていた頃

初心者コースに参加する人たちは

 

ます綺麗なスライスがとれない事で苦労して

ダッカールで止めることに

シェープすることに

シザーの開閉

とすべて1度に覚えていかなければならない人が多かったです

この時この方法が思いつきました

 

大変なことをさせると

挫折しやすいです

 

あなたも是非試してください

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

 

・・追伸・・・・ とにかくスタッフで悩んでいる経営者は多いです

スタッフのことで何かお悩みあなた、お気軽に相談ください

※件名に スタッフのこと と入れてくださいね こちらまでどうぞ⇒omoi@rakushojuku.com

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP