美容室も使える:満室のホテルとそうでないホテルの違いは料金だった

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

午前中、

個別相談をしてきました。

 

 

コロナなので、

WEBによる相談が続いていたのですが、

どうしても対面でお願いしたい!

ということで、

神奈川より車で来ての、

5月月ぶりの対面相談。

 

 

 

夜も、

会員さんのHPについて、

リニューアルか新たに制作か、

相談に乗っていきます。

 

 

では今日の話を始めます。

 

 

美容室経営者は、

いつもこんな様に考えています。

 

 

料金が高いとお客さんは来ない。

しかし、、、

 

 

賛否評論のGO TOキャンペーン。

箱根のホテルで、

面白い現象が起きている!

と報道がありました。

 

 

さてあなた、

どちらのホテルが、

8月末まで予約で満室だと思いますか?

 

 

・1人1泊4万円~のホテル

・1人1泊9,500円~のホテル

 

 

この質問から、

答えは分かったと思いますが、

満室なのは高いホテルです。

 

 

理由は、

GO TOでのお得感。

 

 

かたや14,000円還元。

かたや3,400円還元。

 

 

これ、

1人あたりですので、

宿泊人数によっては、

もっと大きな差になります。

 

 

先ほどの、

料金が高いとお客さんは来ない、、、を、

ひっくり返すような結果です。

 

 

ここから分かることは、

高いからお客さんが来ない!

わけではないってこと。

 

 

一定数のお客さんは、

高くても料金を払う気持ちがあるってことです。

 

 

同じ割引率なら、

ベース料金が高い方が、

お得感は大きくなります。

 

 

それだけではありません。

それでも1人1泊26,000円~を払える人。

その方達は、

・安いホテルを選んでいるわけでない

ということです。

 

 

ホテル側はチェックイン後

当然のように、

+何かを使ってもらうよう、

いろんなサービスを用意してるはずです。

 

 

クロスセル、、、

美容室で言うなら+メニューです。

 

 

同じ割引でも、

安さを売るのか価値を売るのか?

これによって、

来店する人の層が変わります。

 

 

単純値上げがしにくいのは分かります。

しかし、

もう何年も、、下手すれば何十年も同じ料金。

それでは、

美容室の経営は苦しくなるばかり。

 

 

ベース料金の底上げは、

大量生産が出できない、

手作業の僕たち美容室にとって必須です。

 

 

その時のポイントですが、

どうせ高単価メニューを作るなら、

定価のまま攻めるのも1つの手ですが、

割引後価格でも、

あなたが、

納得できるような設定にすることです。

 

 

これで、

定価のまま攻めても、

時には割引して集客を考えても、

あなたにとって、

店にとって、

損はなくなります。

 

 

しっかり、

利益を確保できるから。

 

 

料金設定にも仕組があります。

コロナ復活に向けて、

是非考えてみてください。

 

 

あなたと店とスタッフの、

将来のために。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP