お詫び訂正、、、と、正しい割引の仕方

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

<お詫び>

2日前から案内してる

「悪い値引き・割引とそうでない値引き・割引について答えを出す」

実践会の日程に誤りがありました。

 

 

9月28日となっていましたが、

正しくは、

8月24日:月曜日です。

 

 

WEBセミナーなので、

自宅・店・事務所から参加できます。

あらためて、

https://enkan-hanjyou.com/jissenkai_20200928/

 

 

では正しいクーポンの使い方について、

2つの方法・考え方について話していきます。

 

 

これは経営の仕組なので、

あなたの、

個人的感情・プライド・拘りなどは無視して、

ひと事で聞いてください。

 

 

<暇で客数が欲しい場合>

・・・新規・・・

・単品メニューも対象とする

・組み合わせた高単価メニューも対象にする

OFFは30%~が基本的な考え方。

 

 

このメリットは、

たとえば、

1っか月の売上が、

新規の単価が安くてもあった方がいい。

という考え方です。

 

 

出た利益を懐に入れないで、

次や他の販促にまわして、

店全体として客数を増やせます。

 

 

 

さらに、

高単価メニューも加えることで、

そちらを選ぶ人もいる。

そうなれば、

あなたの平均客単価より高くなります。

 

 

<客数がある程度いる場合>

客数はそれほど必要ないわけですから、

安さ勝負をする必要はありません。

 

 

いいお客さんだけを集客するために、

数は少なくてもいいという考えです。

また、

単価の安いお客さんのために、

常連の取りこぼしを防ぐ効果もあります。

 

 

 

・単品メニューは除外

・高単価メニューだけが対象

OFFは30%~考えましょう

※平均客単価と同じくらいの設定に

 

 

高単価メニューしか、

クーポン対象にしないため、

いいお客さんはだけが来店することになります。

 

 

オプションとして、

・季節限定(8月など暇な月だけ)

で、OFFを多くすることもありです。

 

 

この基本的な考え、

OFFの目的が、

客数なのか?

いいお客さんだけなのか?で、

使う仕組みが違ってきます。

 

 

個人的感情で、

OFFを決めていると、

目的を外すので、

結果が出せなくなります。

 

 

値引き・割引・クーポンのOFFは、

目的最優先で考える。

これが基本的な考え方になります。

 

 

それ以外にも、

・次につながるキャンペーン

・一発屋で終わらないキャンペーン

など、

正しいOFFの仕方をすれば、

将来的に安定した売上アップができるようになります。

 

 

それをここで詳しく話します。

「悪い値引き・割引とそうでない値引き・割引について答えを出す」

https://enkan-hanjyou.com/jissenkai_20200928/

※日程が9月28日となっていますが、

正しくは、

8月24日:月曜日です。

 

 

WEBセミナーなので、

自宅・店・事務所から参加できます。

ぜひ参加してください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP