簡単売上アップ:自慢のメニューのアピールの仕方

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

これいいなぁー!

と思った技術メニューなのに、

思ったほどヒットしない、、、

 

 

美容室経営者なら誰でも、

1度や2度ならず、

何度も経験してるでしょう。

 

 

美容師が、

納得するほどいい技術メニューなのに、

なぜ、お客さんは選んでくれないのか?

 

 

今日はそんな疑問にお応えしながら、

選んでくれる人が増える方法について、

話していきます。

 

 

一番需要が多いカラーに例えて話します。

もちろん、

他のメニューでも同じことが言えますので、

ゆっくり読んでくださいね。

 

 

アルカリカラーや低アルカリカラーは、

ほとんどすべてのメーカーが出しています。

 

 

美容師は、

・色味の違い

・シャンプーしてる時の感触

・仕上がりのよさ

などで選ぶことが多いです。

 

 

冷静にひと事で聞いてください。

その微妙な違いを感じ取れるのは、

薬剤も真剣に考える美容師ならではです。

 

 

毎日たくさんのカラーをしています。

1っか月で何十何百人にカラーをしてるので、

微妙な違いに敏感です。

しかし、、、

 

 

素人のお客さんは、

その微妙な違いに気づくでしょうか?

 

 

気が付くとすると、

臭いが違う程度でしょう。

 

 

なぜなら、

美容室での仕上がりは綺麗だからです。

 

 

そのいい例はこんな事でも分かります。

私は髪が多くて、、、と言う人がいます。

 

 

でも実際は、

・頭が大きい

・髪が太い

・頭皮から直角に生えている

が原因で仕上がりが大きくなってる。

けして髪が多いわけでない!

 

 

これ、

何万人もの髪を触っている、

美容師だから分かること。

 

 

お客さんは、

自分の髪以外、

見ることはあっても触ることはないので、

比較しようがなく、

仕上がりだけで判断しているで、

勘違いをしています。

 

 

しかしこのカラー、

技術者のあなたが納得するものなので、

悪いわけはありません。

 

 

それなのになぜ、

思ったようにお客さんが選んでくれないのか?

上手く集客できないのか?

それは、、、

 

 

他のカラーとの違いの説明。

他のカラーより良いことの説明が、

他店となんら変わらないからです。

 

 

たとえば、

・髪に優しい

・頭皮に優しい

・退色しにくい

これらもよーく考えると、

美容師はできても、

お客さんは比較できないです。

 

 

 

同じ説明を受けると、

あの店と同じ、、、

それなら安い方がいい、、、

なのでヒットしにくいわけです。

 

 

そこで重要なのは、

説明の仕方伝え方を、

他店と違う方法でする!

 

 

たとえば、

他業種のCMにヒントがはたくさんあります。

 

 

糖質50%カット

アルカリ30%カット

 

 

・カラー剤の中で一番酸性に近い

・カラー剤シェアNO1

・女優の〇〇さんもお気に入り

などがそれです。

※ただし嘘はダメです

 

 

では正真正銘、

拘りに拘りぬいた、

他店でほとんど取り扱いのない、

競合がほとんどいないカラー。

それなのに、

お客さんが選んでくれない、、、

 

 

僕が知っているものだと、

純粋なヘナ(ジアミン非配合)があります。

ヘナ以外にもあると思いますので、

それについて話します。

※ヘナだけとは限りません

 

 

競合がいないということは、

絶対的な強みになります。

 

 

なので、

料金も高く設定することが可能です。

 

 

そのカラーをしたいために、

わざわざ探して、

遠方から来店することもあります。

 

 

拘る美容師にとって、

経営的にも、

一見最高に思えるのですが、

1つ弱点があります。

それは、、、

 

 

一般の人が、

・その良さを知らない

・名前すら知らない

・ファッション誌にも掲載がない

 

 

これも、

美容師と一般人の違いです。

 

 

たとえば、

あなたが財布を買おうと思ったとき、

買う買わないは別として、

ヴィトン10万円は納得するでしょう。

 

 

しかし、

売っていませんが、

楽笑塾の財布10万円は納得しませんよね(笑)

 

 

それは、

知られていないからです。

 

 

なので、

楽笑塾財布を売るためには、

・イタリア製のコノリーレザー使用

・漆塗

・職人のよる手作りのため同じものはありません

などなど、

10万円の良さを知らせなければいけません。

 

 

しかも、

1度や2度でなく、

何度も何度も知らせる。

 

 

つまり、

広告をどれだけできるか?

が勝負になります。

 

 

ある意味職人芸。

技術志向、拘りそのもですが。

 

 

いいメニューも、いい技術も、拘りも、

どう伝えていくか?

知ってもらうか?

 

 

これが、

ヒットするかどうかの境目です。

ぜひ、

上手くできているか?

チェックしてください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP