美容室を出店して1人は優雅に、1人はどん底になった違い

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

都内の有名店で働くAさん、Bさんがいました。

美容学校も同じ。

支店は違っても同じ店長。

 

 

技術も上手い。

指名客はいつも2人は断トツ。

 

 

個人売上も、

10店舗の中でいつも2人は、

TOPを競い合っていました。

 

 

他のスタッフからも、

憧れられる2人でしたが、

やがて2人は独立しました。

 

 

しかし、

オープンして1年、

2人には少し違いが出てきました。

 

 

Aさんは都内のマンションに住み。

ブランドの服を着て、

成功しているように見えました。

 

 

一方のBさんは、

相変わらずワンルームに住み、

おしゃれはしていますが、

ブランド品ではありませんでした。

 

 

それから3年後。

忙しく会えずにいた2人は、

久しぶりにお酒を共にしたとき、

AさんとBさんには大きな違いがありました。

 

 

成功しているように見えたAさんは、

ブランドをやめ、

住まいもワンルームに引っ越し、

収入も店長時代と変わらないところまで、

ダウンしていました。

 

 

 

一方Bさんは、

・ブランド品の服を着る

・マンションを購入

・結婚して子供も1人

 

 

この違いにAさんはビックリ!

AさんはBさんに聞きました。

「どうしてそんな生活ができるようになったの?」

 

 

Bさんは笑顔で楽しそうに答えました。

 

 

スタッフだった頃、

指名客数で争っていたのを覚えてる?

なぜそんなことができたのか?

経営して初めて分かったんだよ。

 

 

あの頃は、

僕たちが集客してたわけでなく、

店が広告で集客してくれていた。

 

 

そのお客さんを担当したのは僕だけど、

その方へのDM・メール・ラインを、

フォローのために店がしてくれていた。

 

 

定期的にしていたキャンペーンも、

店が決めて、

POP・DM・HP掲載・ポータルサイト更新など、

全て店がしていてくれたことに気が付いたんだ。

 

 

実際オープンして半年は、

もうだめかと思うくらい暇だった。

正直A君の成功ぶりが羨ましかった。

 

 

それからやっと売上が増え始めたとき、

僕は考えたんだ。

スタッフだった頃、

店が考えしてくれていたことを、

僕もやろう!と。

 

 

幸い、

生活はできていたから、

上がってきた利益を、

生活でなくすべて販促に使ってみた。

 

 

すると売上は、

ビックリするほど増え始めた。

 

 

忙しくなったので、

販促をすることが大変になったんだけど、

それを人に任せることで、

時間は今まで通り使えるようになったんだよ。

だから結婚も決意した。

 

 

これを仕組と呼ぶらしい。

今でも勉強している。

今でも販促は絶えず続けている。

 

 

 

でもそのおかげで、

「僕いける!」

と自信がわいてきた。

いまは仕事も楽しいんだ。

 

 

あなたはAさんタイプですか?

それともBさん?

 

 

同じ技術を提供しても、

店の売上は大きく違いが出ます。

 

 

 

その違いのすべてとは言いませんが、

その中の大きな1つに、

仕組=販促があります。

 

 

お金を掛けないのであれば、

頭と時間を使う。

 

 

頭と時間を使うのが嫌なら、

お金を使う。

 

 

これはあなたが選ぶことができます。

しかし、

両方したくないなら、

Aさんタイプです。

 

 

Bさんタイプは、

店の経営に対する、

マイナーな悩みは消すことができます。

しかし、

プラスな悩みは増えることになります。

 

 

もっとこうなりたい、、、

それにはあと何をすればいいのか?

というプラスの悩みです。

 

 

売上を気にする前に、

あなたの思考と行動、

一度チェックしてみてください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP