止めることの勇気とやることの勇気

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

こんな話聞いたことないですか?

「カットは引き算だけどセットは足し算」

 

 

カットで髪を足すことはできません。

セットは一時期「盛る」が流行りましたね。

どちらもバランスが大事です。

 

 

さて、

同じことは売上アップにも言えます。

 

 

たとえば、

あなたの余暇の行動を考えてください。

・飲みに行く、、、ためにしてること

・買い物に行く、、、ためにしてること

それは何かを犠牲にしてることです。

 

 

飲みに行きた~い、、、

買い物した~い、、、

の欲求を満たすために、

・家族との時間を犠牲にしてる

・貯金や他に使うものを犠牲にしている

そしてもちろん時間も。

 

 

ですがこれ、

ストレスを発散し、

明日もいいパパ・夫でいるため、、、

明日もいいママ・妻でいるため、、、

明日も仕事を頑張るため、、、

には必要なことです。

 

 

しかし、

いくら酒が好きでも買い物が好きでも、

時間もお金も限度がありますから。

やりたい放題では破綻します。

 

 

これは美容室経営でも同じことです。

 

 

ひと事で考えてください。

カットは引き算。

 

 

技術者のあなたは、

手を抜くことは「悪」と考えているでしょう。

しかし、

スタッフがSPに30分かけていたとしたら、、、

注意しますよね、、、遅い!と。

 

 

こんなことも考えてください。

分かりやすくカット5千円として、

1時間かける人は時給5千円です。

30分で終える人は時給1万円です。

後者が引き算の考えです。

 

 

でもくれぐれも勘違いしないでくださいね。

技術的に手を抜け!という意味ではありません。

 

 

セットは足し算。

盛ることを考えると、

売上アップは売上を盛りたいわけですから、

足し算という考えになります。

 

 

むやみに時間を掛けても意味はないですが、

ここでは絶対に手を抜いてはいけません。

盛って盛って盛りまくる!

くらいの気持ちが必要です。

 

 

売上に悩むほとんどの経営者は、

技術に関して手を抜くことは「悪」と考える反面、

仕組に関して、

手を抜いている気持ちはないでしょうが、

やりきってないことがほとんどです。

 

 

これ、

手を抜いていることと同じです。

 

 

しかし、

飲みにく、買い物すると同じで、

人が使える時間もお金も限度があります。

なので、

毎日は無理ですよね。

 

 

それと同じで、

カットもめいいっぱいして、

仕組を作る時間もめいいっぱいする、、、

なんて不可能です。

さて、どうすればいいのか?

 

 

1つ方法、考え方があります。

 

 

売上アップさせる仕組み作りは、

慣れていないと、

作り上げるまでは大変ですが、

一度できてしまえば、

もうやることはありません。

 

 

その後も、

毎月同じことを繰り返すだけなので、

1度作ってしまえば、

悩んだり考えたりする時間は必要ないです。

 

 

技術やメニューに対する情熱と、

同じくらいの情熱を、

ほんのちょっとだけでも、

仕組作りに向けてください。

 

 

あなたの売上は変わりますから、、、

 

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP