信用と信頼、お客さんに必要なのはどっち?

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

またしても、

東京がヤバくなってきましたね、、、

対策についても、

まぁ考えればわかること。

経済は無視できない。

なので、

2度目の宣言は出せない。

反面、

安心感を与えなくてはいけない。

大丈夫、、、

という苦しそうなコメントが続ていますね。

 

 

さてあなたは、

ヤバイと大丈夫、

どちらを信じますか?

 

 

最近チラ見した本に、

この判断基準が書いてありましたので、

紹介します。

 

 

なにかを人に頼むとき、

どうしてその人を選んだのか、

次のどちらですか?

信用して、、、信頼して。

 

 

実はこの違い、

お客さんにとって、

新規客の場合・・・あなたの店に行く。

常連客の場合・・・また、あなたの店に行く。

無意識ですが、

大切な判断基準になっています。

 

 

信用して来店するのは、

常連客です。

逆の見方をすると、

使用を失うと失客します。

 

 

一方で、

新規客は信頼があって来店します。

逆の見方をすると、

信頼がなければ来店しません。

これが新規集客が難しい理由です。

 

 

なんだか言葉遊びのようで、

釈然としないと思いますが、

その違いはこれです。

 

 

信用とは、

過去の実績から判断するもの。

「いつ行っても気に入るようにしてくれる」

「満足できる対応をしてくれる」

からまた来店してくれるわけです。

 

 

信頼とは、

過去の実績からでなく、

未来の期待を感じることです。

この人この店は信頼できる!

 

 

この人この店ならきっと、

「私の希望を叶えてくれるのでは、、、」

「満足させてくれるのでは、、、」

 

 

ここから分かることは、

新規集客の方法や文面と、

再来店の方法と文面は違うということ。

 

 

この2つの違いを理解して、

なにを、なにを使って、なんて伝えればいいか?

を考えるとこんな事が見えてきます。

 

 

たとえば、

このメニューこの商品は、

常連客に向けてか新規客に向けてかが、

ハッキリ決めることができます。

 

 

対象者が決まれば、

悩まなくても、

チラシ、POP、DM、SNSなどの媒体が決まります。

 

 

さらに、

初対面の人へのあいさつと、

知り合いへのあいさつが違うように、

なんて伝えるか?

文面まで決まります。

 

 

信用と信頼の違いは、

無意識で判断していることがほとんどなので、

区別ができないでいます。

 

 

なので、

多くの広告や広告文は、

新規、常連のどちらに向けているか、

区別なくゴチャゴチャになっています。

 

 

結果として反応が落ちます。

これは売上となって跳ね返っているはずです。

 

 

もし、

いろいろ何かしてるのに、、、

考えているだけでなく何かしてるのに、

思うような結果が出ないとするなら、

この違いかもしれません。

一度チェックしてみてください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP