チラシもSNSもダメ、、、これ以上何ができるの?

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

雨が猛威を振るっています。

台風シーズンはどうなるんでしょうかね、、、

 

 

個別対応をスタートさせた方から、

こんな相談を受けました。

 

 

「いままでスタッフにも相談できないので、

ずっと1人で考え、

勉強もしてきました。

 

 

集客・売上UPのために、

チラシ・HPの作り直し、

SNSの登録もしましたが全くダメ、、、

 

 

単価を上げるために、

値上げ・高いメニュー、

割引券の発行中止、

キャンぺーの廃止、

POP、DMの利用と、

やってきましたがほとんど効果なし。

 

 

これ以上何かできることがあるのでしょうか?」

 

 

あなたはこの方の気持ち、

分かりますか?

 

 

僕は凄く分かります。

なぜなら、、、

 

 

20年ほど前まで、

仕組みもマーケティングも知らなかった僕と、

同じ道をたどっているからです。

 

 

この方のやってきたことは、

何1つ間違っていません。

 

 

使っているもの、

やっていることは合っています。

頑張っている経営者の1人です。

 

 

ただ1つ、

一番重要なことが抜けているんです。

 

 

売上が欲しいことはよくわかります。

しかし売上を確実に増やしていくためには、

自分自身がどうしたいのか?

しっかり整理しておくことです。

 

 

たとえば、

彼女がいないときは彼女が欲しいです。

 

 

 

あまりに寂しくなると、

極端ですが、

彼女になってくれるならだれでもいい、、、

と思う事もあります。

 

 

それでも無理なら、

食事だけでも一緒にしてくれる、

女性が欲しくなります。

 

 

でも考えてみてください。

誰だって好みがあります。

 

 

好みでない女性と付き合ってみたところで、

分かれることになるでしょう。

 

 

では現実に戻ります。

 

 

彼女が欲しいは売上が欲しいと同じです。

 

寂しいから誰でもいい、、、は、

売上さえ増えれば、

割引であろうが高単価であろうが、

POPであろうがSNSであろうが、

なんでもいい、、、と同じです。

 

 

女性の好みがあるように、

売上の増やし方にも、

好みがあるはずです。

 

 

あなたの好きは、

・客にあふれている店にしたいのか?

・客は少なくても高単価にしたいのか?

・来店してほしい客の世代どこか?

・どのメニューに力を入れたいのか?

・その客は何を見ているのか?

(極端ですがチラシかSNSか)

 

 

自分の事を、

理解できている人は少ないですが、

これらがはっきり分かっていると、

苦しみ方が違います(笑)

 

 

同じ苦しみでも、

なぜ、私の良さを誰も分かってくれないんだ。

こんなにいい人、いい男なのに、、、と、

荒れる苦しみはイヤですよね。

 

 

一方で、

好きな女性に、

なにで、、、

ラインで、、、電話で、、、メールで、、、

 

 

なんて、、、

誘えばデートできるんだろう?

これ切ないけど前向きな苦しみです。

 

 

こんな人に?どんな方法で?なんて知らせて、

売上を増やすか?と考える方が、

同じ苦しみでもはるかに前向きで、

切ないけど楽しいものです。

それだけはありません

 

 

こんな店にしたい、、、

こんな人に来店してほしい、、、

がはっきり分かっていると、

することに迷いが起きません。

 

 

相談者が、

頑張っているのに売上に繋がらなかったのは、

考え、気持ちがブレすぎていたからです。

 

 

同じ売上でも、

お金としてみているのか?

お客さんとしてみているのか?

この違いで、

することは全く違ってきます。

 

 

あなたは美容師ですから、

必ずこだわりがあるはずです。

 

 

そのこだわりを、

上手く生かして売上UPしたいのなら、

ブレては苦しむだけです。

 

 

あなたの好きなお客さんと、

あなたの理想の店・売上を、

両立させるために、

是非考えて欲しいことです。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP