この大きな違い分かる?:販促費がかからない!とかけるの違い

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

ほとんどの人は、

販促費にお金を掛けたくない。

と言います。

 

 

本来販促は、

お金がかかるか?かからないか?

を考えるより、

かけるか、かけないか?

これが正しい考え方です。

 

 

これもよく聞く話ですが、

知らず知らずのうちに、

お店にはお金を掛けている。

オブジェや機材、カメラなどがそのいい例です。

 

 

それなのになぜ、

売上を生む販促費は渋るのか。

それにはこんな理由があります。

 

 

お金を掛けたものは、

無意識に形に残る!と思っています。

一方でお金を掛けても、

販促費は消えてなくなるもの!と思っています。

 

 

でも、

販促をしないと、

客数は減り単価は上がらず、

売上はダウンしていきます。

 

 

販促はしないのでなく、

経費をかけるべき時はかける。

経費を掛ける必要のない時には掛けない。

これが正しい選択です。

たとえば、、、

 

 

店内販促、、、既存客への販促に、

お金を掛ける必要はありません。

掛かるわけがない、

といった方が正しいかもしれません。

 

 

しかし、

既存客だけでは、

あなたの計画通りの売上UPしない。

と判断した時は、

新規集客しなくてはいけません。

 

 

それにはお金を掛ける必要があります。

かといって、、、

 

 

掛けられる人、

掛ける気持ちがある人は別ですが、

そうでない人は、

お金を掛けずに済む、

店内販促で得た利益をそれにまわす。

この考えすごく大事です。

 

 

「お金のかからない集客方法はないの?」

「佐藤さんはたまにそんな話をするじゃない」

それはあります。

 

 

それには1つの条件と、

1つの方法があります。

 

 

・・・お金を掛けずに新規集客する2つのこと・・・

<1つの条件>

世代によって苦手意識が強い方もいますが、

SNSを代表とする、

新しい集客方法をすること。

 

 

ただし、

積極的に情報を取りに行ってない場合、

あなたの耳に入ってきて、

「どうしようか」悩み考えて始めたころには、

すでに手遅れ、、、

電車に乗り遅れたのと同じです。

 

 

のんびりしていたのでは、

あっという間に美容室が始めて満員状態。

そのいい例が、

せっかく無料なのに、

登録しただけでは全く集客できない、

FB、ライン、インスタ、ユーチューブがそれ。

 

 

美容室が、

まだほとんど始めていないうちに、

始めることが集客できるポイントです。

 

 

しかし、

満員状態にもかかわらず、

集客できている店もあります。

それがこれ。

 

 

<1つの方法>

お金はけけないけど、

手間をかけている。

 

 

条件1で話した、

まだ知られていないうちに始めた店。

その話通りに言うなら、

そのうち集客できなくなるはず、、、

 

 

しかし集客し続けている店があります。

 

 

また、

先ほどの話と矛盾しますが、

つい最近からはじめて、

もう2年3年と使い続け、

いまだに集客できている店があります。

 

 

 

出来ている店とそうでない店には、

違いがあります。

それは、、、

 

 

毎日配信するなど、

手間暇をかけていること。

しかも工夫して。

 

 

もともと無料のSNS。

お金はかからない代わりに、

手間暇をかけています。

と言っても、、、

 

 

手間暇をかける時間は

せいぜい5分前後。

 

 

それ以上は必要ありません。

 

 

これが、

販促費がかからないとかけるの違いです。

 

 

もしかしてあなた、

「楽して儲けよう」

なんて思っていませんか?

 

 

売上UPは誰にでもできます。

しかし、

何を使ってどうするか?

お金を掛けなければいけないものには掛ける。

掛けなくていいものには掛けない。

これ上手く使い分けてください。

 

・・追伸・・

今日話した方法、

仕組を基礎から学べるのは

ココhttps://enkan-hanjyou.com/member/

 

夢は探さない 夢のある人生を探している
あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP