コロナを耐えている店とそうでない店の違い

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

大阪府が、

注意を怠ればまた広がる可能性がある!

と前置きをしながら、

宣言を一部解除に動きました。

 

 

そのことで、

喜ぶ人反対する人が出ています。

 

 

美容室経営者であれば、

喜ばしいことでしょうが、

何か新しいことをすると。

何か他店と違うことをすると。

賛成する人反対する人が必ずいます。

スタッフも含めて。

 

 

どちらがいいのか?

あなたが決めることです。

 

 

昨日から話している広告がまさにそれ。

僕が伝えたいのは、

広告への反対を恐れるな!

ということです。

 

 

では話を始めます。

 

 

飲食店の行動を見て、

尊敬する方から、

こんな話を聞きました。

 

 

飲食の場合、

コロナを耐えている店は、

マーケの基本を守っている店だと。

 

 

飲食店で、

デリバリーやテイクアウトを、

始めている店が目につきます。

 

 

しかし、

実際80%の店はどうにもなってない。

 

 

料理を、

ただパックに詰めれば売れる!

なんて甘すぎるわけです。

 

 

事実、

今あなたも外出は避けているでしょうから、

たとえば、

好きな中華料理店が、

デリやテイクをしていることを知らないのでは。

 

 

知らなけらば、

お願いする事もできません。

つまり、

その中華料理店は、

顧客のあなたを失っているわけです。

当然ですが、

売上もたちません。

 

 

店からすると、

ウインドウに、

デリ、テイク始めました!

と書いてある、、、

と思っているでしょう。

 

 

これ完全に、

経営者の一人よがり。

 

 

その前を通る人は、

顧客全体のごく僅かでしかありません。

 

 

 

また、

車で通った人は、

店としてカッコ悪いくらい、

大きな文字で書いていないと、

気づきません。

 

 

もちろん、

店外に張り出して告知する必要はあります。

 

 

しかし、

最も大切なのは、

顧客全員に教えること。

 

 

メルマガ読者のあなたなら、

「何を使って」伝えればいいか分かりますよね。

 

 

そしてそのことは、

新規集客にもつながります。

 

 

少し前からのあなたにくる、

チラシ、メール、ライン、FBを見てください。

「デリ、テイクします」

という案内が1つや2つ来てるはずです。

 

 

では美容室に当てはめてみます。

飲食店の事を頭から抜かないで、

読んでくださいね。

 

 

営業をしてることを、

・顧客全員に知らせる

・新規客に知らせる

が大事だと思いませんか?

 

 

営業するなら、

営業しているなら、

これ絶対です。

 

 

マーケの基本ですから、、、

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP