今すぐ捨てろ!

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

毎日のように、

コロナの質問・相談が飛び込んでいます。

 

 

人は面白いもので、

2つのタイプに分かれます。

 

 

成功していてもそうでなくても、

どこかで他人と比較している。

 

 

たとえば、

・うちの方が技術が上手い

・料金が高い

・あの店とはコンセプトが違う

などがそれ。

 

 

どう思うかは自由ですが、

<タイプ1の人は>

自分より売上がある店を羨む人。

<タイプ2の人は>

自分より弱い・小さい店と比較して、

優越感に浸る人。

 

 

具体的にいうと、

1人経営の人は、

スタッフがいる店を、

「いいなぁ~」と思いがち。

 

 

1店舗経営の人は複数店舗の人を。

3店舗経営の人は5店舗の人を。

、、、、10店舗の人を。

という感じです。

 

 

もちろん、

全ての店舗が上手くいっているなら、

営業人数が多い店。

店舗数が多い店が有利に決まっています。

 

 

しかし、

個別対応してる、

東京・9店舗の経営者から、

3月こんな話をしました。

(本人の許可を得て書いています)

 

 

今から話すことは、

大型店に限った話ではありません。

この方の、

素晴らしい発想を見てほしいです。

 

 

一番ひどいのは表参道の店。

それを筆頭に3月から客足が半減したため、

1か月店を閉めています。

 

 

電車通勤する、

スタッフのことも考えての決断です。

 

 

1店舗当たり500~800万の売上。

9店舗をかけると、

いったいいくらの損失になるか?

考えただけでも怖いですよね。

 

 

これがいま、

大型店の最大のリスクです。

 

 

あなたならどんな精神状態になりますか?

・寝れない?

・死にたくなる?

・何も手につかない?

 

 

この店の経営者は違います。

 

 

閉店する前にこんなアドバイスをしました。

 

 

閉店する決断は本人ですが、

出来る事と出来ない事を、

紙に書きだして区別する。

 

 

そして、

出来ない事を考えない代わりに、

出来ることを即行動する。

 

 

その結果したことは、

キャッシュを増やすための、

最善の行動をとることです。

 

 

・最大限の融資を得る

・助成・補助金を調べ申請する

(当選スタッフの給料確保)

・とりあえず家賃を保証金から充当してもらう

(出金を抑える)

・常連客へ週一でDM・SNSで関係性を保つ

・動画でコロナ対策をアピールする

(メルマガで紹介しました)

・社保の1年猶予申請

 

 

この考え分かりますか?

これができることです。

 

 

そして、

再開するにあたっての、

販促計画も万全です。

 

 

あなたの店は、

この方の店より小さいかもしれません。

しかし、

やれることは同じです。

 

 

都市部以外は、

少しづつですが、

自粛が緩和される方向です。

 

 

今あなたができることだけ考える。

そして行動する。

出来ない事は考えない。

それは捨てる。

 

 

今経営者は試されています。

頑張ってくださいね。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP