今のメニューを再生して売上UPに成功

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

キリンレモンって知ってますか?

 

 

なんと1928年に販売開始、

当時のアンパンの5倍の価格だったそうで、

今だと500円以上ですかね。

 

 

 

そのご順調に販売を増やし、

炭酸飲料としては、

断トツの売上だったそうですが、

ペットボトルの普及で、

売上は急降下、、、

 

 

しかし、

2018年にラベルを変えただけで、

売上は2倍になったそうです。

 

 

飲食物の売れる3つのポイントは、

商品・名前・パッケージだそうです。

 

 

 

これ、

美容室にもそのまま当てはまります。

 

 

<1>

商品=技術でありメニュー

<2>

名前=メニュー名

<3>

パッケージ=演出

 

 

では順に具体的に話していきます。

 

<1>
商品=技術でありメニューが決め手

 

 

たとえば、

有名どころのメーカーで話すと、

ミルボンんのカラーを使っている店は多いでしょう。

 

 

その中には、
儲かっている店があります。
しかし、
圧倒的にそうでない店の方が多いです。

 

 

ここから分かることは、

売上は、

メーカーやメニューの良し悪しに無関係!

ということです。

 

<2>
名前=メニュー名が決め手

メニュー名は、

単純に白髪染めとしてる店。

エアーカラーなど、

独自の名前を付けた店があります。

 

 

白髪染めとしてると、

全国23万軒のサロンと同じです。

つまり、

ライバルの中で違いを発揮できない、、、

 

 

当然価格勝負ですね。

A店:白髪染め1万円

B店:白髪染め8000円

C店:白髪染め6000円

さてどの店を選ぶか?

ということでです。

 

 

注意として、

せっかくも名前も、

お客さんがイメージできないのは×です。

 

<3>
パッケージ=演出

これは内容成分の事ではありません。

 

 

そのカラーの価値を、

どうやって高めるか!です。

 

 

お客さんの見えるところで、

・計量する

・混ぜる

・チェックする

などが演出です。

 

 

飲食店で、

オープンキッチンが多くなったのはそれです。

 

 

自分で作るわけでもないのに、

作っているのを見たくなる。

 

 

そこに、

こだわりを感じたり、

繊細さを感じて、

同じ料理がより一層美味しく感じる。

 

 

あくまでもたとえなので、

各店で考えてください。

 

 

特に小さなお店の場合、

これは拡散する可能性が高いです。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP