なぜ、利益30円でやっていけるのか?

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

・・お知らせ・・

2月実践会、

「高単価でも売れるメニュー価値の上げ方」

に参加できなかったけどぜひ知りたい!

というあなたのために、

収録動画を、

参加費だけで配信するサービスを開始します。

希望者だけ下記からお申し込みください。

https://enkan-hanjyou.com/kessai_movie_jissen-r2

※タイトルを確認して申し込んでください。

・・・ここまで・・・

 

 

よく飲食街で、

生ビール200円以下の店があります。

 

 

生ビールの原価は、

170円弱と言われてますので、

利益は30円前後。

 

 

「それでやっていけるのか?」

という疑問がわくのですが、

そこには仕組があります。

 

 

専門用語でフロント商品と言いますが、

生ビールはあくまでも客寄せ=集客です。

 

 

中には、

生一杯で帰る人もいるでしょうが、

それでもお通し代2~300円は別途です。

 

 

しかしほとんどの人は、

まずはビールで、

季節にもよりますが、

日本酒やハイボールを1~2杯飲むそうです。

それだけではありません。

 

 

平均2~3のおつまみを頼みます。

すると会計は、

1,800~2,300円になります。

 

 

あなたは気づいていないかもしれませんが、

同じようにフロント商品は、

美容室でも当たり前のように使っています。

 

 

それは、

新規に限り〇〇OFFです。

 

 

唯一飲食店と違うのは、

新規で来店した方に、

何も売らない!ってことです。

 

 

つまり、

飲食店で言うなら、

30円の利益だけで帰しているのと同じです。

 

 

ここで考えてください。

飲食店では、

おつまみの営業トークなしに売れていきます。

なぜだと思いますか?

 

 

それは、

店員が口頭で売るのでなく、

POPやメニューが売ってくれるのです。

これらを、

無言のセールスマンと言います。

 

 

いまや美容室も、

新規集客にOFFは当たり前。

当たり前でないのは、

メニュー表で知らせていないこと。

 

 

頑張って、

何か売ろうとしなくても、

無言のセールスマン=メニュー表が売ってくれます。

 

 

新規客用のメニュー表さえあれば、

たとえば半額のカットで来店した方が、

「それならカラーも、、、」

という方が増えるわけです。

 

 

メニュー表は、

簡単に、今すぐ作れます。

 

 

もしあなたの店に用意がないなら、

今すぐ作っておきましょう。

それだけで単価はすぐに上がります。

それだけで売上UPできますよ。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP