やる気はあるのに活気がない店のさもない理由

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

・・お知らせ・・

昨日から、

「高単価でも売れる!メニュー価値の上げ方」

について一緒に学べる、

実践会の受付を開始しています。

 

簡単に経費をかけず、

メニュー単価をUPできるのがここです。

 

 

そのために、

・営業トークは必要ありません

・売り込みも必要ありません

いますぐココをクリックして確認してください。

https://enkan-hanjyou.com/jissenkai_20200224-25/

 

・・ここまで・・

 

スタッフを抱えている愛知県Kさんの店で、

こんな事が起こりました。

 

 

・10日ほど忙しい日が続いた

・スタッフ間の会話が減った

・お願いしますでさえ言わないことが目立つ

 

 

Kさんもも気づいていましたが、

疲れているだろから仕方ないかな、、、

そのうち自然に元に戻るだろう、、、

 

 

ところが、

その後4~5日たっても、

元気なコールを聞けることはありませんでした。

 

 

※コールとは

おはよう、、、ありがとう、、、

~入ります、、、お願いします、、、

失礼します、、、ありがとうございました、、、

など挨拶や掛け合いなど声を出すことです。

 

 

気になったKさん満をじして、

「最近声が小さく、

沈んだ声で活気がないね~。

もっと声出していこうよ!」

 

 

するとその日から、

以前のように活気ある声が、

飛び交うようになりました。

 

 

その日の帰りあるスタッフが言いました。

 

「私もそう思っていました」

「〇〇君は、活気がないと言っていました」

「Kさんが言ってくれたおかげで、

また活気が出て仕事が楽しくなりました」

 

 

ほのぼのと言えばほのぼの。

いいお店であることは間違いありません。

しかしなぜ、

もめ事があったわけでもないのに、

こんな事が起こるのでしょう?

それには理由があります。

 

 

一言でいうなら無責任。

優しく言うなら、

みんな子供だということです。

 

 

きっとあなたも、

子供のころ同じような体験をしてるはずです。

 

 

たとえば、

今回はトラブルではないですが、

何かのタイミングで話さなくなった友達。

 

 

話さない期間が長ければ長いほど、

きっかけを失います。

 

 

気にはなっていても、

なんて声をかけようか?、、、

 

自分が「寂しい」と言ってるようで、、、

 

など考えてしまい、

ますます気まずくなっていくばかり、、、

最悪もう話さなくてもいいや、、、

なんて決めてしまったこと、なかったですか?

 

 

店に戻しますね、

Kさんの店で起こったこの理由は、

Kさん以外責任者的な存在がいないからです。

 

 

大人になると、

お互い変なけん制をし合います。

・私が言う立場でない

・変に目立ちたくない

・偉そうに、、、と思われたくない

などがそれ。

 

 

今までは、

Kさんの店ではそれでよかったのでしょう。

しかし、

客数が増え売上UPしてきたいま、

「サブ」という明確な立場の人が必要だったのです。

 

 

その立場を作るのは、

経営者のKさんの役。

 

 

だからと言って、

「店長」などの役職名も必要ですが、

それだけでは名ばかりになってしまいます。

 

 

経営者のKさんがするべきことは2つ。

<1>

Kさんがしていたことを1づつ任せる

<2>

Kさん不参加のミーティングをする

 

 

そのことで、

自覚をもつようになり、

店長も育つわけです。

 

 

スタッフを抱えているあなたは、

ぜひ参考にしてください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP