こんな不景気の中、なぜいま高単価メニューが必要なのか

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

今日はこれから、

依頼された明日第2回目となる、

サラリーマン向けコンサル養成コースのため、

編集作業をします。

 

 

編集と書いたのは、

美容師向けの、

コンサルコースと、

6つの仕組化をベースにしてるからです。

 

 

前日編集でも余裕がある理由は、

1から作り直すわけではないからです。

 

 

このことは、

美容室売上UPの考え方とよく似ています。

 

 

たとえば、

仕組を学び、

1つの仕組で少し成功する。

数字にしたら10~30万程度かもしれません。

 

 

昨日はなした通り、

たったこれだけで満足する経営者はアウト。

 

 

闘志を燃やし、

次の仕組を学ぶ。

これを3回繰り返すと、

3つの仕組をマスターできます。

 

 

経営は永遠です。

なので生涯学び、、、と勘違いしがちですが、

実は違います。

 

 

僕が今回「編集」と話したとおり、

3つの仕組を組み合わせるだけで、

「算数の確率」の法則から、

3×2=6通りの仕組ができます。

つまり学でなく編集でいいわけです。

 

 

この法則を使うと、

単体の4つの仕組を学べば、

4×3×2=24つの仕組を使えるようになります。

 

 

その中の1つに、

高単価メニューを、

いかに買ってもらうか!

があるわけです。

 

 

買ってもらうには、

・だれに、、、

・何を使って、、、

・どうやって告知するか?

たったこれだけのことです。

 

 

上の3つで何か気が付きましたか?

「売る」「売り込む」というワードがないです。

売る必要はないです。

知らせるだけでOKです。

 

 

高単価メニューの魅力は、

月間来店客数が100人という小さな店でも、

たった20%のお客さん、

10人中2人が選んでもらえる仕組みを作れば、

6万円の売上UPです。

 

 

これは毎月の事なので、

年間では72万UPになります。

 

 

同じように来店客数が、

200人の店の場合、

12万UP/月・144万/年アップ。

 

300人の店の場合、

18万UP/月・216万/年アップ。

 

500人の店の場合、

30万UP/月・360万/年アップ。

 

になるわけです。

 

 

算数すると目標値が立てやすく、

達成感もありますね。

 

 

・コストがかからず

・労力も変わらず

・客数を増やさなくても

売上UPできる。

 

 

これが高単価メニューが、

美容室に絶対的に必要な理由です。

 

 

高単価メニューの良さは、

それだけではありません。

 

 

それを選ぶお客さんは、

・来店サイクルが短く

・他のメニューも選びやすく

・テンパン購入率も高い

というデータがあります。

 

 

デパ地下で買い物する人を見てると、

同上の傾向があることが分かります。

 

 

あなたの店にも是非、

高単価メニューを入れてください。

ただし、

新しい材料を使ってメニューを作る!

なんて考えないでくださいね。

時間ばかりがかかりますから。

 

 

 

まずは今あるメニューだけで考える。

この方が即効性があります。

 

 

・・追伸・・

週明けの月曜日より、

「高単価でも売れる メニュー価値の上げ方」

の仕組について、

24日(月)大阪、
25日(火)東京で実践会を開催します。

・値上げは怖くてできない、、、
・単価を上げる方法が分からない
・客数減少で困っている
そんなあなたのための内容になっています。

やり方が分からないあなたは、

ぜひ参加してください。

 

 

・一般参加で初回であれば4000円

・サポート会員は無料ご招待

 

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP