隣の店より安い「私の店が」が高いと避けられた理由

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

 

だれでも高単価で営業したいはず。

気持ちはあっても、

経験のない店や、

技術単価1万円未満の店が、

それを超えるのは至難の業。

 

 

もうすでに1万円越えをしてる店でも、

さらなる単価UPを目指したところで、

どんなメニューを入れればいいか、

悩みどころでしょう。

 

 

そこで今回お客さんは、

安い高いをどう判断しているか?

考えていきます。

 

 

これは、

「高単価でも売れる メニュー価値の上げ方」

の仕組について、

24日(月)大阪、

25日(火)東京で開催する、

実践会の中から抜粋して話します。

・値上げは怖くてできない、、、

・単価を上げる方法が分からない

・客数減少で困っているあなた。

来週より募集を開始しますので、

予定を開けておいてくださいね。

 

 

では始めます。

 

 

<「相場」と「内容」の観点から高い>

たとえば牛丼で考えてみます。

1,000円の牛丼は高いですか?

安いですか?普通ですか?

 

 

「昼は牛丼にしようか?」

と誘った方も誘われた方も、

比較対象は、

Yのや・Sきやになります。

なので、、、

 

 

1,000円の牛丼は、

相場を考えると高いですね。

 

 

 

<内容を考えると安い>

1,000円の牛丼が、

A5ランクの神戸牛を、

200g使っていたらどうでしょう!

安いですよね。

 

 

僕が伝えたいのは2つ!

 

 

<1つ目>

メニューの場合、

他社と同じネーミングはダメ!

ということです。

それはそのまま、

相場や他社と比較されるからです。

 

 

<2つ目>

内容の違いを分かりやすく伝える!

 

 

上記で言えば、

牛と松坂牛の違い。

 

 

そういえば、

以前大阪のロッテリアに入った時、

大きなPOPで、

和牛100%バーガーとありました。

 

 

なんだか美味そう、、、

と思い込み買ってみたら1,000円でした。

 

 

つまり、

内容いかんでは、

高いものが安く感じる。

 

 

ネーミングと内容説明。

これ高単価メニューにおいては、

重要なポイントです。

 

 

ヒントをあげると、

一般的にエステは高い!

と思われています。

 

 

では、

1時間4,000円と言われたらどうでしょう?

これは相場に勝つために安さ勝負してます。

 

 

一方高いエステは、、、

ブライダルエステと名付けると、

普段エステに行ったこともない人が行きます。

これなネーミング効果。

 

 

ネーミングと内容を仕組化すると、

昼休みの30分で、

ウエストが2cm細くなる、

瞬間ダイエット。

 

休憩後、、、突然スリムになったのあなたを、

同僚はどう思うでしょう?

 

のような感じです。

 

 

店も50坪以上と広く、

スタッフに困っていないなら、

安い戦略は有効です。

 

 

しかし、

ほとんどの美容室にとって、

高単価化は必須です。

 

 

高単価は、

客数を必要としません。

同じ営業時間、同じ客数でも、

売上UPは可能です。

 

 

もう考えてる暇はありません。

今すぐ高単価メニューを作ってください。

 

 

夢は探さない 夢のある人生を探している」

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください
店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP