第二の選択

Auther:enkan_user1

おはようございます。

【最短4ヶ月で、売上100万以上アップさせる】

楽笑塾 佐藤祐司です。

1つ何かが上手くいった時

そこで止まるな!

という話を昨日しました。

 

 

では次なる一手は何をするか?

これって結構重要なポイントです。

 

 

もうすでに、

仕組みの基本が分かっている人は、

事前にあれこれ考えてあるか、

考えてなくても、

ここまで来たらコレ!

と勝手に頭に浮かんできます。

 

 

しかし、

過去において、

自分で考えた事で成功経験のない人。

 

 

または、

仕組みの基本が分からない人にとって、

それはなかなか難しいことです。

 

 

難しいというより、

知らないので発想がわかない。

と言った方が正しいかもしれません。

 

 

そこで今日は、

個別対応してる店の例を使って、

成功へのステップアップ、

第二の選択について話します。

 

 

Aさんは、

ある6,000円のメニューを、

お試し価格4,200円で、

初月37人、

15万5400円のアップに成功しました。

 

 

店の規模にもよりますが、

この数字の、

大きい小さいを判断してはいけません。

 

 

なぜなら、

来店サイクルは平均は3ヶ月。

 

 

なので、

3ヶ月間やり続けることで、

ほぼ80%以上の顧客に伝えた事になります。

 

 

単純に、

37人×3ヶ月=111人。

15万5400円×3ヶ月=466,200円。

になるかは分かりませんが、

期待値としてはあっています。

 

 

 

2回目は、

お試し価格が終わるので、

定価の6千円に戻ります。

 

 

リピートが、

100%はないですが、

最大として考えると、

111人×6千円=66万6千アップです。

 

 

間もありますが、

リピート率が半分の50%とすれば、

33万3千円のアップになります。

 

 

ここからが本日のメイン。

第2の選択として何をするか?

 

いくつかある中の1つを紹介します。

 

 

このまま、

定価でやり続けてもOKですが、

そうなると、

次回来店のタイミングは、

お客さん任せになります。

 

 

これは、

売上をお客さんの気分に任せることです。

しかし仕組み的考えをすると、

売上は店がコントロールしたいですね。

 

 

そこで、

3回、、、6回のチケットを発行する。

回数券的考えです。

 

 

たとえば、

3回分定価1万8千円を、

10%OFFの1万6200円、

有効期限は3ヶ月。

 

 

それと同時に、

6回分を発行するなら、

15%OFFの3万600円、

有効期限は6ヶ月。

 

※OFFは店で考えて下さい

※有効期限も同じですが長すぎると

 意味がなくなります

 

 

この選択をさせることで、

毎月来店予約を取った事になります。

 

 

つまり、

売上を仕組みを使って、

店側が来店=売上をコントロールできます。

 

 

囲い込み!

是非あなたの店でも取り入れて下さい。

売上がコントロールできると、

売上アップができるだけでなく、

仕事が楽しくなりますよ。

 

 

・追伸・

成功者に人気の特別な制度、

仕組みの基本を学びたい方はココ

https://enkan-hanjyou.com/member/

夢は探さない 夢のある人生を探している

あなたの未来を応援します

楽笑塾メールマガジン

今ならメルマガ登録で「セミナー動画(全8回)」をプレゼント

▼ メールマガジンへの登録はこちら ▼

お選びください 店舗規模にピッタリ合った情報を配信します

※購読の解除は、配信されるメルマガの最下段、メルマガ解除キーをクリックすると簡単に解除することができます。 ※パソコンでのコンテンツをお送りすることがあります。パソコンのメールアドレスでのご登録をお勧めいたします。

PAGE TOP